ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雨の日が楽しくなる!濡れると絵が浮き出てくるアート「Rainworks」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリートアート。雨で濡れた地面から、色々なデザインが浮かび上がりますーー。

たとえば、こんな風に!

“アートの力”で
雨の日でも元気に!

あら不思議!水に濡れると、何も描かれていない地面からイラストが浮かび上がりました。

仕組みはこう。好きなかたちでデザインしたステンシルを地面に置いて、上から撥水スプレーをかけます。すると、雨に濡れた地面は変色しますが、撥水コーティングされた部分は水をはじき返して白い状態のまま。そのコントラストにより上のような作品が浮かび上がるというわけです。

ちなみに、この撥水スプレーは、自然に分解される無害なものだそうなのでご安心を。



浮かび上がるメッセージはどれもがポジティブなもの。心がほっこりしそう!



これらの作品は、ペレグリン・チャーチ氏を中心とするアート集団が生み出したもの。彼らは作品にこんなメッセージを込めているようです。

「僕たちはレインワークスを、雨の日を楽しむキッカケにしたいんだ。これから雨が降ると言われたときに、なぜそれを楽しもうとしないんだい?」

「Rainworks」のおかげで、シアトルの人たちは雨の日を待ち望んでいるかもしれませんね!

Licensed material used with permission by The Rainworks Team

関連記事リンク(外部サイト)

今年もまた、目黒川に咲き誇る「冬の桜イルミネーション」が開催
もし、名画の中の人物たちが動き出したら・・・(動画)
100万個以上の「点」だけで描かれた作品がスゴイ・・・

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP