体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今注目のスウェーデン料理!代表的な料理14選とお店情報

Photo credit: Aoi Nagamine「Stockholm女子旅」

Photo credit: Aoi Nagamine「Stockholm女子旅」

TRiPORTライターのさとりんです。
最近日本では、北欧雑貨や家具が流行っていますよね。シンプルなのにかわいらしさがあり、大人かわいいとはまさにこのこと! 
スウェーデンには、世界一美しい首都とされるストックホルムや、北部に広がる大自然、ガラスの王国など見所がいっぱい! それと同じように食に関しても、スウェーデン料理は魅力がいっぱい詰まっています。
現在、美食家をはじめ、世界中から注目されているスウェーデン料理を含む北欧料理。これから、スウェーデン料理にも人気に火が付くかもしれません。
そこで今回は流行を先取りして、スウェーデン料理について学んでいきましょう。現地のおすすめレストランの情報もご紹介します!

スウェーデン料理について

昔スウェーデンでは、新鮮な素材を手に入れることが困難だったため、ジャガイモ、根菜類、豚肉、イワシなどの簡素な材料を使用することが多く、スウェーデンの伝統料理はこれらの食材を煮たり、蒸し焼きにするのが代表的な料理となっています。
また、スウェーデンは豊富な乳製品に加え、パンの種類も豊富です。ライムギ、大麦、全粒粉、燕麦を使用したもの、白や黒い生地のものなど、いろんな形や大きさをしたたくさんのパンがあります。
また、スウェーデンの伝統料理では対照的な味の組み合わせをすることが多く、ミートボールには、苔桃のジャムを添えて食べるのが代表的な食べ方です。
近年は、もともとあるスウェーデンの伝統料理に世界のそれぞれの国の長所を取り入れた、独自の新しい料理も次々に登場しています。

1. スモーガスボード (smorgasbord)

Photo credit: Celeste Lindell via flickr cc

Photo credit: Celeste Lindell via flickr cc

スウェーデンの伝統的な食事スタイル、ビュッフェ。実は、日本でお馴染みとなったバイキングの原型なんです。好きなものを好きなだけ食べることができます。ただ日本のバイキングと違う点が1点。それは、食べる順番が決まっていること。
スウェーデンでは、日本のように1つのお皿に前菜やメインディッシュをよそうことはしません。はじめにとるのは前菜のみ。そして前菜が食べ終わったらメインディッシュに進みます。
是非、スウェーデンを訪れた際には、日本とは一味違ったスタイルのバイキング形式を楽しんでみて下さい。

2. ショットブラール (köttbullar)

Photo credit: Attila Malarik via flickr cc

Photo credit: Attila Malarik via flickr cc

スウェーデンのおふくろの味ともいえるスウェーデンを代表する家庭料理ショットブラールは、スウェーデン風の肉団子のこと。
炒めた肉団子に、ブラウンソースと苔桃のジャムを付けるのが一般的です。
スパイスが効いたミートボールと、ほど良いジャムの酸味が抜群の相性! 必ずマッシュポテトや茹でたじゃがいもが添えられているので、ミートボールと一緒に食べましょう。

3. クロップカーコル (kroppkakor)

Photo credit: Jonas Nordström via flickr cc
1 2 3 4 5 6次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。