ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【たくさんあって分からない!】乳幼児の定期接種まとめ

  • ガジェット通信を≫


お子さんが生まれると、生後2ヶ月から予防接種が始まります。定期接種は、予防接種の中で、国が一定の年齢になったら、接種するようつとめなければいけない、と決められたものです。

しかし、予防接種は種類や回数も多く、混乱する親御さんは少なくありません。

そこで今回は、医師に定期接種をまとめて、順番に解説していただきました。

ヒブ (Hib)ワクチン

ヒブ (Hib)ワクチンは、インフルエンザ菌b型に対するワクチンで、お子さんの死亡率の高い髄膜炎などを防ぎます。

初回接種:生後2ヶ月~7ヶ月未満

接種回数:4~8週間の間隔で3回

追加接種:初回接種後7ヶ月~13ヶ月の間で1回接種

※初回接種を受ける時期によって、接種の回数が変わってきます。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌に対するワクチンで、これも主に髄膜炎などを防ぎます。

初回接種:生後2ヶ月~7ヶ月未満

接種回数:27日以上の間隔で3回

追加接種:初回接種終了後60日以上の間隔をあけて、生後12ヶ月~15ヶ月で1回接種

※初回接種を受ける時期によって、接種の回数が変わってきます。

四種混合(DTP+IPV)ワクチン

四種混合(DTP+IPV)ワクチンは、ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオに対するワクチンです。

初回接種:生後3ヶ月~12ヶ月

接種回数:20~56日の間隔で3回

追加接種:初回接種終了後、生後12ヶ月~18ヶ月の間に1回接種するI期と、11歳でDT(ジフテリア・破傷風)ワクチンを1回接種するII期

BCGワクチン

BCGは、結核菌に対する予防接種で、抵抗力の弱い子どもがかかりやすい結核を予防します。

接種回数:生後5ヶ月~8ヶ月に1回

水痘ワクチン

水痘ワクチンは、水痘ウイルスに対するワクチンで、子どもがよくかかり、合併症を起こすこともある水ぼうそうを予防します。

初回接種:生後12ヶ月から生後36ヶ月

接種回数:初回接種より3ヶ月程度あけて2回接種

MRワクチン

MRワクチンは、麻しん(はしか)、風しん(三日ばしか)に対するワクチンです。

接種回数:1歳~2歳の間に1回接種するI期と、5~7歳の間に1回接種するII期

日本脳炎ワクチン

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスに対するワクチンで、発症すると死亡率の高い脳炎を予防します。

接種回数:3~4歳に2回接種するI期初回、4~5歳に1回接種するI期追加と、9~10歳に1回接種するII期

【医師からのアドバイス】

それぞれ自治体で、無料券や割引となる助成がありますので、確認したうえで小児科に相談し、接種の日程を決めて予約しましょう。

(監修:Doctors Me医師)

関連記事リンク(外部サイト)

BCG定期接種が中止検討へ?ところでBCGってなんだっけ?
長引くその咳、大人の百日咳かも?
なぜ高齢者は肺炎になりやすいの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP