ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林武史プロデュース anderlust、デビュー曲が4月公開の映画『あやしい彼女』の主題歌に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンガーソングライター越野アンナが、枠にとらわれない新しい形の⾳楽表現を目指してベーシスト⻄塚真吾と共に⽴ち上げたユニット・anderlust(アンダーラスト)が、3月30日メジャーデビューすることが発表された。

デビュー曲「帰り道」は、澄み渡る空へ突き抜けるような越野アンナの伸びやかな歌声が印象的な、ハートフルなミディアムロックナンバー。海外育ちを感じさせる日本人離れした、卓越したメロディーセンスと、世代を超えて共感できる歌詞の世界とともに、一聴して心に残る楽曲である。小林武史氏プロデュースによる鉄壁のアレンジが、楽曲の完成度をさらに高めており、どこか懐かしい雰囲気を残しつつ、現代ロックサウンドの飽くなき追求ともいえる楽曲。

美しい夕景をモチーフに、誰しもが自らの家路を連想し、心が動かされるミュージックビデオも近日公開を予定している。この楽曲はデモの段階で映画監督・水田伸生氏の耳にとまり、2016年4月公開の映画『あやしい彼女』の主題歌に大抜擢を受けることとなった。さらに越野は主人公の孫と共に音楽の道を志す仲間の1人として、演技にも初挑戦している。

“anderlust“とは、抑えきれない旅への衝動”を意味する”wanderlust”(ワンダーラスト)という⾔葉から、”w”をあえてとった造語。今の時代を⽣きる⼆⼈の若者が⾃らの⼈⽣の旅路を歩む中で、各々が思い描く⾃由への渇望や欲求、ユニット名にはそんな意味が込められているという。

そもそも、新時代のアーティストの発掘を⽬指して、⼥性ファッション雑誌NYLON JAPAN とソニーミュージックによって2014年に開催されたオーディション「JAM」のミュージック・パフォーマンス部⾨で、⽇本⼈離れしたメロディーセンスと卓越した歌唱⼒が評価されNYLON 賞を受賞した越野アンナ。このオーディションでの受賞がきっかけで、デビューに向け小林武史がプロデュースを手かける事になり、楽曲制作にも全面協力する事になったという。

今後、⾳楽に限らず映像やアート、ファッションなど様々なクリエイティビティーを持つ新メンバー加⼊も視野に⼊れながら、活動の幅を広げる彼ら主催のショートムービーコンテストも行うとのこと。昨今、時代も⾳楽シーンも更なる多様化が進⾏していく中、⾳楽・アート・ファッション・etc、インスピレーション感じるすべての⼿段を⽤い、決まった形にとらわれず、⾃由な発想で、等⾝⼤の⾃分たちの想いを⼈々の⼼に響かせていく2⼈に注目したい。

プロデューサー 小林武史コメント
ある意味日本人離れした幅の広い音楽性を持ったシンガーソングライター・越野アンナと、音楽に対して誠実であろうとし、同時に強い探究心を持つベーシスト・西塚真吾、という二人が”anderlust”というユニットなわけだが、彼らは音楽の趣味が似ているから、演奏していることがただ楽しいから、という理由でユニットを組んでいるのではないと思う。
彼らと話してみて思うのは、確固たるメッセージがあるわけではなく、とにかく”伝えたい”と強く思っていることだ。
”伝えたい”と思っているから、”どうやったら伝わるか”を考えて、その”伝わるものが何なのか”を探していこうとしている。彼らのデビューは、長くなるかもしれない探求のための旅の始まりなのだろう。
その旅の中で彼らは”生きていることは、捨てたものじゃない”と思えるような、景色や物語やメロディーにたくさん出会うのだろう。それが多くの人に”伝わっていく”ことを願っている。

映画監督:水田伸生氏コメント
小林武史さんと一緒に作った書き下ろしデモを聴いて、楽曲の圧倒的な魅力、アンナの透明で伸びやかな歌声に即決しました。その時に私の頭に浮かんだアイデアは「アンナの映画出演♪」…アンナは快諾してくれただけでなく、演技者としても私を魅了してくれました!

映画情報
映画『あやしい彼女』
主題歌:「帰り道」anderlust
http://ayakano.jp/

映画『あやしい彼女』予告編

リリース情報

シングル「帰り道」
2016年3月30日発売
Produced by小林武史
作詞・作曲:小林武史・越野アンナ
初回生産限定盤(CD+DVD)SRCL-9013〜9014 1,500円+税
通常盤(CD Only)SRCL-9015 1,204円+税

関連リンク

anderlust オフィシャルサイトhttp://www.anderlust.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP