ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

癒される~。ハーブティーティーでちょっとした不調をセルフケア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハーブティーティーにはリラックス効果だけではなくさまざまな薬効で薬として使われてきたものもあります。今回は代表的なハーブティーティーの薬効を紹介しましょう。頭に入れておけば、ちょっとした不調ならハーブティーティーで解決できることもあるかもしれません。

風邪に効くハーブティーティー

甘酸っぱいローズヒップにはレモンの60倍のビタミンCがあり、100度の熱湯でもこのビタミンCは壊れないといわれています。ビタミンCの吸収を高めるルチン(ビタミンP)も含んでいるので免疫力アップに高い効果が期待できます。エルダーフラワーはインフルエンザの特効薬として古来から使われているハーブティーで、発汗を促し体内の毒素を排出する働きがあります。また、鼻や喉の痛みにも有効でうがいにも○。マスカットに似た香りで味もやさしいので比較的飲みやすいハーブティーでもあります。

頭痛に効くハーブティー

爽やかな香りのペパーミントは胃腸の不調を整えるほかに鼻づまりや頭痛の改善効果があります。ハッカよりも甘い香りで辛味はなく、さっぱりした後味です。緊張型頭痛には、リラックス効果や血行促進効果のあるラベンダーやカモミールがおすすめ。ラベンダーは華やかな花の香りとかすかな甘み、カモミールはりんごのような香りとやさしい甘みがあります。偏頭痛にはちょっぴり苦いフィーバーフューを。解熱鎮痛効果があり、脳血管収縮を抑制する効果があります。天然のアスピリンと呼ばれるホワイトウィロウにはサルチル酸誘導体であるサリシンが含まれており、アスピリンと同じく解熱鎮痛作用があります。木の香りと独特の苦みもあり、なんだが効きそうな気がしてしまいます。

生理痛に効くハーブティー

安産のハーブティーとも呼ばれるラズベリーリーフ。出産時や出産後の母体を楽にしてくれる効果のほかに生理痛やPMSにも効果があります。かすかな甘酸っぱさでクセがなく飲みやすいハーブティーです。チェストベリーには女性ホルモンのバランスを調整する効果があるので、生理痛やPMS、更年期障害など女性の悩みに有効。やや苦みがありスッキリした香りも人気の秘訣です。

ハーブティーティーといえど、さまざまな効果をもたらすものが多いのです。ただし妊婦さんや処方薬を飲んでいる人はドクターに相談してくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP