ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SNSでも話題! 恋愛に効く縁結びグルメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食べるだけで良縁が結ばれるのなら、こんなに嬉しいことはない。その御利益は評判で、SNSでも話題になっているという。そこで調査のプロ・リサーチャーさんに、食べるだけで恋愛に効く「縁結びグルメ」を教えてもらった。

カラフルで見た目もキュートな「嫁入りソフト」(香川県観音寺市・道の駅とよはま)

香川県にある道の駅・とよはまには、「嫁入りおいりソフト」、通称「嫁入りソフト」があり、ソフトクリームの上には、カラフルなあられのような香川名物『おいり』がのっている。

もち米を煎って作ることから『おいり』と呼ばれるようになり、古くから香川県では嫁入り道具として必須だという。

花嫁は嫁ぐ際に新しい家族や周辺に住む全ての人たち分の『おいり』を用意して配るのが習わしだそうだ。

嫁入り道具として縁起物のお菓子とされる『おいり』をトッピングした『嫁入りソフト』を食べれば、良縁に恵まれ、幸せな花嫁になれるという。

見た目のかわいらしさもあってSNSでも話題となり、今では香川の名物スイーツにまでなっている。

ハート形の白玉がカワイイ「縁結びそばぜんざい」(島根県出雲市・そば処 田中屋)

出雲大社といえば誰もが知っている縁結びの総本山。そんな出雲大社門前にあるそば処田中屋では、手作りの“ハート形そば白玉”と良縁を願って“太く結んだそば”が入った「縁結びそばぜんざい」が好評を博している。

おみくじも付いていて、良縁を願う人々がこぞって食べているんだとか。

ちなみにそばで有名な出雲は、「ぜんざい」の発祥の地でもあるという。ぜんざいの起源は、出雲地方で旧暦10月に全国から神々が集まる「神在祭(かみありさい)」の際に振る舞われた「神在(じんざい)餅」にあるのだとか。

この「じんざい」が、出雲弁で「ずんざい」に。そしてこれが京都に伝わって今の「ぜんざい」となったと言われている。

ハート形のバンズが人気「ひかわご縁バーガー」(島根県斐川町・道の駅湯の川)

「ひかわご縁バーガー」は、出雲縁結び空港のそばにある道の駅・湯の川で販売されている。

「愛を挟む」という意味でハート型に作られており、かわいらしい形状もあって女性に人気の商品。

バンズは国産小麦を使用しており、天然酵母のほんのりとした甘さが美味しさの秘訣。

パテも国産ミンチ100%で、地元特産の出西生姜が入ったソースは絶品だとか。

また、野菜も斐川の特産である玉ねぎやトマトを使用していて、「食べれば良縁に恵まれる」といわれている。

関連記事リンク(外部サイト)

彼女に言ってみたいモテフレーズ ~鹿児島編~
デートしながら愛を深めてくれるオブジェ3つ
調査のプロが教える デートで使える豆知識~食べ歩きデートスポット編~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP