体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年、ウエアラブルデバイス市場のターゲットは、”美と健康を求める女性”!

今年の米国ラスベガスのCES(Consumer Electronics Show)もウエアラブル関連の出展が盛況だったが、もっとも大きな違いは、女性をターゲットにした”ヘルス&ビューティー”系の製品が数多く展示され、専用ブースまで設けられていた点だ。

ウエアラブルのファッション化が進み、ジュエリー感覚で着けられる製品や、化粧品のように持ち歩いて手軽にお肌のお手入れができる製品が人気を集めていた。なかでも注目を集めていた製品を今回は紹介しよう。

毎日持ち歩ける、どこでも肌の水分をチェックできるデバイス「MiLi」

ビューティー系は、場所を選ばず、どこでもお肌の状態をチェックできたり、マッサージができたりする製品がたくさん登場していた。スマートスキンモイスチャライザーというお肌の乾燥を防ぐ「MiLi」は、もともとスマホの外部メモリを開発している企業が開発した美容ウエアラブルだ。

化粧ポーチにスッポリ収まるサイズのこの製品は、お肌の状態をチェックし、スマホでログを記録することで、自分のコンディションに合わせたベストなお手入れができるのがポイントになっている。顔や手など、気になる部分をチェックして、さらにお手入れ用の美容液も合わせて提供している。スキンチェックができる機材は昔から化粧品店やエステティックサロンで使われていて、とても高価な機材というイメージだったが、それが今や持ち歩けるほど手軽になってきたというわけだ。

肌をチェックしながらソーシャル機能でつながれるフェイスマスク「MAPO」

フランスのWired Beauty社が開発中の美容マスク「MAPO」は、医療シリコン製のマスクで、肌の状態チェックからお手入れまでできるようになっている。お手入れといっても目元や肌を温めるだけだが、日々の状態が記録できて、同じ製品を利用しているユーザー同士でいろいろアドバイスし合えるようにすることで、製品の付加価値を高めようとしている。

見た目は完全にブレスレットな活動量計「WISEWEAR」

歩数や心拍数などを測る生活活動計も、腕時計よりブレスレットやネックレスといった、ジュエリー感覚のものが増えている。「WISEWEAR」も、見た目はまったくウエアラブルとはわからない。ブレスレットを保管する化粧箱が、そのまま充電器になっているところもオシャレだ。プライバシーにも配慮して、スマートフォンにデータを保存する際のセキュリティ機能も強化されている。

妊娠中から出産後まで、母体のモニタリングとアドバイスを提供する「bloom」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。