ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Snapdragon 652プロセッサを搭載したGalaxy Tab S2(SM-T819)が発見される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、インドの Zauba データベースで発見された Samsung Galaxy Tab S2 9.7 の改良版と見られる「SM-T819」が、このほど GFX Bench に登場し、Snapdragon 652 を搭載するなど、スペックを大幅に変更していることが判明しました。Galaxy Tab S2 は Exunos 7 Octa プロセッサを搭載していますが、今回の SM-T819 は Snapdragon プロセッサの中でも新しい Snapdragon 652 1.8GHz オクタコア(Adreno 510)を搭載しており、OS も Android 6.0.1 にアップデートされています。ディスプレイサイズは 9.6 インチ 2,048 x 1,536 ピクセル(QXGA)と変わりなく、メモリ容量も 2.7 GB RAM / 24 GB ROM ど同程度です。また、カメラは背面に 700 万画素、前面に 200 万画素と表示されています。Snapdragon 652 は Snapdragon 810 程度のベンチマーク性能を発揮しているので、スペックは改良されたと考えられます。Source : GFX Bench

■関連記事
Sony Mobile、「Lifelog」を3.0.A.0.12にアップデート、アプリアイコンをリニューアル
婚活・マッチング系アプリのユーザーのうち6割が「実際に会ったことがある」と回答(MMD調査)
Google、スマートフォン不要のVRヘッドセットを開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP