ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

冲方丁、「1カ月失踪権」ゲットならず 4コマ漫画『春海くん』を描くことに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カジノバトルの激闘の末に「1カ月失踪権」ではなく、4コマ漫画を描くことになった冲方丁氏

 劇場アニメ『マルドゥック・スクランブル 燃焼』の公開直前イベントが2011年8月30日、スペースFS汐留で開催された。原作者である冲方丁氏は、イベントで「1カ月失踪権」をかけ、関連会社のスタッフたちとポーカーで勝負。しかし残念ながら敗れ、逆に「月刊アフタヌーン」で連載中の『天地明察』をセルフパロディ化した、4コマ漫画「春海くん」を描くことになった。

 『マルドゥック・スクランブル』は冲方氏のSF小説で、漫画化もされている人気作品。劇場版アニメも、シリーズ第1部『マルドゥック・スクランブル 圧縮』が昨年11月に公開された。そして間もなく、第2部『マルドゥック・スクランブル 燃焼』が9月3日から公開となる。

 イベントの前半に行われたトークショーでは、主人公のルーン=バロット役を務めた声優の林原めぐみさんが登場。アニメ映画のカジノシーンに出てくる服と似た華麗な赤いドレスを着用して登場し、会場からは大きな拍手が送られた。そして後半では、作品からヒントを得たという「”冲方サミット”カジノバトル」が開催され、関連出版社やビデオメーカーの担当者がそれぞれ、「冲方先生にかなえてもらいたいこと」を持ち寄り、ポーカー(テキサス・ホールデム)勝負を繰り広げた。そして冲方氏自身も「1ヶ月失踪権」をかけて戦いに臨んだ。

 1時間半近く続いたカジノバトルは、最終的に講談社の社内対決となった。ゲーム序盤から好調だった「別冊少年マガジン」を、同社の「月刊アフタヌーン」が逆転して勝利。「絵心のある小説家・冲方さんにセルフパロディ4コマ『春海くん』を描いてもらう権」を獲得し、冲方氏の原作で同誌に連載中の『天地明察』の主人公、「渋川春海」について冲方氏がパロディ4コマ漫画を描くことになった。冲方氏は「1カ月失踪権」を手にすることができず「千載一遇の好機が・・・」と漏らしたが、ファンや視聴者はまた一味違う”冲方作品”が見られることに、喜んでいる様子だった。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]カジノバトルから視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv61354725?po=news&ref=news#1:13:08
・「マルドゥック・スクランブル 燃焼」公式サイト
http://m-scramble.jp/combustion/

(方静)

【関連記事】
キャラホビ閉幕 『B★RS』『WORKING!!』まだまだいるコスプレイヤー、コンパニオンたち
水樹奈々に単独インタビュー「まさかあのステージに立てるなんて!」
「神回だああああああああ」 宮崎駿&鈴木敏夫がニコ生にサプライズ出演
「FINAL FANTASY 零式」、水樹奈々ら声優陣が明らかに 主題歌はBUMP OF CHICKEN
ニコニコ動画で夏の新アニメ配信決定 その見どころは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。