体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

業務ではコードを1行も書いたことがない元人事が、プログラマとして独り立ちするまで──

エンジニア採用が転機になって、自らエンジニアを目指す

「教育で世界をよくする」を企業理念に掲げ、2006年に創業したヒトメディア。教育分野や異文化領域に対するインキュベーション事業を行っており、大学入試の出願システムの開発や、投資先・提携先の新規事業の立ち上げ、人材提供、海外提携などのサポートなど幅広く行っている。

そのヒトメディアに昨年(2015年)1月、一人の女性が中途入社した。当時はまだヒトメディア全体でもエンジニアの数は10名ほど。エンジニア採用においては即戦力採用が基本のため、経験者を優先するのが普通だが、同社が採用したのは異業種どころか、全くの畑違いの営業・採用担当者で、エンジニアですらなかった。独学でプログラミングを学んでいるとはいうものの、業務でコードを書いたことがない全くの“未経験者”だったのだ。

「大学卒業後、入社した大手人材会社では営業を経験、その後は人材採用を担当していました。当時の採用ターゲットの一つがITエンジニア。自社の新規事業をWebサービスとして展開する必要があり、エンジニア採用に乗り出したときだったんです」と振り返るのは、佐野まどかさん(26歳)だ。

▲株式会社ヒトメディア CTO Div. 佐野まどかさん

プログラミング研修で自身がプログラミングにはまる

大学は人文系学部で、それまでコンピュータ・プログラミングなど学んだことはない。エンジニアという職種には、「やっている私が言うのもですが、バリバリ理系の人、よく勉強している、でもコミュニケーションに不安」という漠然としたイメージを抱くだけだった。

ただ、自社でエンジニアを採用するとなると、エンジニアがどういう仕事をしているのかを、まず理解しなくてはならない。なにより彼らが日々仕事で何を考えているのかを、知らなければならない。

会社が用意してくれたオンラインのプログラミング研修を業務時間後に受講することになった。まずはHTML、CSS、PHPから着手。「スマートフォンユーザーとエンジニアをつなぐコミュニティサイトの構築」をとりあえず自身の研修テーマにすえ、2カ月間の猛特訓が続いた。

「2カ月の研修はあっという間でした。基礎の基礎を身につけることはできたけれど、もの足りない。もっと深いところを知りたい。その後も、グループ企業のエンジニアなどに教えを乞いながら、一人で勉強していました。そうなんです。私自身がプログラミングにハマっちゃったんです」

作りたいものがある。そのためにコードを1行1行積み上げていく。当然、つまずきもある。バグもある。人に聞き、自分でも試行錯誤を重ねて乗り越えていく。やがてコードが正常に動き出す──そうした作業の繰り返しに次第に「快感を覚える」ようになったのだ。

さらに佐野さんは、「どういうふうに課題解決をすればいいのか。ロジックを考えて、環境を整えて、実行する。そういう課題解決型の仕事って、結構自分に合っているかも」と、自分の中に潜在していた職業適性にも気づくようになる。

まさにミイラ取りがミイラになる、とはこのことだった。

未経験だけど、プログラマになりたい

「人材採用の仕事は楽しかったけれど、結局、何人採用できたかという数字に帰着するところがある。数字を残すだけでなく、生きたサービスとして持続していくものを作る仕事。そちらのほうが面白いかと思い始めました」

未経験だが、自分をエンジニアとして採用してくれる企業はないか。佐野さんは転職先を探し始めた。とはいえ、未経験者を採用してくれる企業は少ないのが現実だった。

「Web系の自社サービスを立ち上げている企業はたくさんありますが、すでに出来上がったサービスだと、自分はたとえ入社しても一部しか担当できないかもしれない。それよりも、受託開発をメインにしていて、しかも新規案件を受けて開発しているような会社。要件定義から運用まで一通りを経験したい」

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。