ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NASAの科学者が解説!「5秒ルール」は科学的に正しいのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

床にポトっと落としてしまった食べものを「もったいない!」と思って食べたことがあるーー。そんなあなたの選択は正しいのでしょうか?それとも、危険なこと?

ここで紹介する動画は、科学的にその真相に迫ったもの。

「5秒ルール」は正しいのか?

NASAの科学者として動画に登場したマーク・ロバー氏。結論から言うと、乾いてるものは比較的バクテリアがつきづらく、湿ったものはその何倍も早く侵食され増殖しやすいと言います。
当たり前じゃないか、というツッコミはグッとこらえて最後まで見てみました。

彼の説明によれば、落とした食べものや床の表面構造、コンディションに左右されるため、一概にルールを適用できるかどうかは判断できない様子。

たとえば、乾いた地面に乾いたクッキーといった組み合わせであれば、被害は最小限に済みます。が、水分を含んだスパゲティなどを地面に落とした場合は非常にマズいことに。
…想像はつきますよねー!というツッコミはまたもやググッとこらえてみます。

さらに、彼はその点を踏まえて、最も食べものを落としても安心な場所を算出(?)。それはナント絨毯(じゅうたん)だそう。なんでも、編み物になっているため、接着面積が限りなく狭く済むのだとか。…ナルホド。

「で?」

結局ルールは正しいの?というところに戻りますが、安全だという保証はどこにもないようです。当たり前ですが、落とさずに食べるのが一番ですね。

ただ、世の中何が起こるかわからないのは事実。大切な食料をキッパリ諦めるべきか、それとも「5秒ルール」を適用するべきか、その選択を迫られるような緊急事態には、ふと思い出してみてもいいのかもしれません。その際は、もちろん自己責任。命がけでいただましょう!

Reference Inside Edition

関連記事リンク(外部サイト)

あなたの健康に大きな影響を与える「44の小さなコト」
ネバネバ最強説!恐るべき「オクラ」のパワー【5選】
音楽を聞きながら作業をすると、記憶力・集中力が上がる(米研究)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP