ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球オープン戦 巨人と中日が対戦しない理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球シーズンの始まりを告げるキャンプイン。1年間を戦うための体作りや技術の習得に勤しむが、それだけ大がかりのため、かかる費用も莫大なものとなる。飲食や宿泊代、クリーニング代、球場使用料に人件費、その他諸経費などを合わせると、1球団あたりおよそ1億8000万円はかかると推測される。球団はこうした経費を多少なりともペイしようと、様々な策を練る。

 基本的にキャンプでは入場料は取らない。そのため収入源として代表的なのは、キャンプ地の売店で販売する球団グッズとなる。最近はどの球団もキャンプ限定のグッズを売り出し、好評を得ている。

 そして見過ごせないのは、キャンプ終盤から3月にかけて行なわれるオープン戦での収入である。最大のドル箱は、やはり巨人戦だ。かつて阪神で球団社長を務めた、野崎勝義氏(現・関西国際大学客員教授)が語る。

「入場料収入が望めるうえ、放映権料が期待できる。だから各チームとも、週末の巨人戦を狙うのです。阪神も土日に合わせて巨人戦を組んでいました。他の11球団は少しでもキャンプ費用の穴埋めになれば、という程度ですね」(野崎氏)

 今年のケースで見ると、巨人はオープン戦19試合を予定しているが、そのうちビジターは12試合もある。巨人戦は平均でも1万人の観客が入る。安く見積もって1人1000円としても1試合で1000万円だ。今年も巨人は10チームとの対戦が組まれているが、その理由も頷ける。

 だがそこに例外がひとつ。巨人が対戦しないチームが1つだけある。中日だ。

「最後にオープン戦をやったのは2013年で、しかも1試合だけ。巨人-中日戦はオープン戦ではほとんど組まれません。理由は親会社のライバル関係。新聞社はオープン戦の無料チケットを配って販促にすることがあるが、中日・読売それぞれが、お互いの販促に使われたくないということでしょう」(中日担当記者)

 ただ、こうした収入を当てにする前に、近年は各球団とも経費節減の方向へ動き始めている。その影響で一番残念がっているのはテレビ、新聞などの報道陣だ。

「例えばかつては、1日だけの取材に訪れた媒体だろうと、全員にキャンプ限定のオリジナルキャップが配られていた。巨人の帽子でも地が白色だったり、ロゴがYGマークじゃなかったりと、通常の帽子とはデザインが違う。しかも毎年変わるので結構人気があったんです。でも近頃は球団によっては評論家をしているOBや、毎日滞在する番記者以外には帽子を配らないようになった。

 加えて、昔は報道陣の昼食は球団持ちで食事券が配られ、キャンプ地内の売店で無料で弁当が食べられていたが、最近は実費が徴収されるようになった」(スポーツ紙記者)

 仕事で来ているのだから当たり前なのだが、長年の役得を失い落胆は隠せないようだ。

※週刊ポスト2016年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人ファンの間で「オープン戦3位の呪い」ジンクス囁かれ中
阿部慎之助 一塁コンバートでも故障で広岡達朗氏が引退勧告
金田正一氏「記者をソープ誘ってワシは悪く書かれなかった」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。