ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

106歳女性教師の手紙が88歳の台湾人生徒に届くまで【前編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 台湾の新総統である蔡英文氏は、中国依存からの脱却を掲げる一方、日本との連携強化に動き出した。彼女は戦前の日本統治時代についても、「日本人には誤りもあったが、台湾に対する貢献もあった」と冷静に評価する。新総統の誕生によって、日台関係は再び蜜月の時代を迎えようとしている。

 国を挙げての盛り上がりとなった総統選の期間中、実はもう一つ、台湾で話題を呼んだ“ちょっとした騒動”があった。それは、70年前に遡る日本と台湾の“絆”を、いまの台湾人に思い起こさせる話だった。

 騒動は、熊本県玉名市在住で106歳(取材当時、以下同)の高木波恵さんが出した1通の手紙から始まった。高木さんは1930年代、日本統治時代の台湾台中市にあった烏日公学校(現在の烏日小学校)で教鞭を取り、主に小学2~3年生の台湾人生徒を指導していた。

 昨年2月、台湾で大ヒットした映画『KANO』の日本公開を知った高木さんは、久しぶりに台湾の教え子たちに手紙を書いてみようと思い立った。『KANO』は日本統治時代の台湾に実在した嘉義農林学校(現在の国立嘉義大学)の野球部が、海を渡って甲子園に出場し、初参加ながら準優勝するまでを描いたスポーツドラマだ。

 実は高木さんは映画のなかで描かれている決勝戦を、烏日公学校近くの役場で、同僚たちとともに実際にラジオで聞いている。決勝戦が行なわれたのは1931年8月21日。映画の公開をきっかけに、80年以上も前の古い古い記憶が呼び起こされた。

 教え子たちもすでに90歳近くなっており、消息がわからない者もいる。20年ほど前までは手紙の往来もあったのだが、1999年に発生した台湾大地震以降、完全に音信が途絶えていた。

 手紙を送る相手は、級長だった楊漢宗さん(88)を選んだ。高木さんは目が悪いため、娘の恵子さん(76)に代筆を頼んだ。恵子さんは半紙と硯を用意し、筆先に墨汁をたっぷりとつけて流れるような筆さばきで、高木さんの語る言葉を書き連ねていった。

〈春節おめでとうございます。二月十八日、はるか日本国より久方ぶりに楊漢宗様へ〉と書き始めた手紙は、

〈なつかしい烏日公学校卒業の皆様、お元気でしょうか。お伺い致します。母がまだ元気で頭脳も確かなうちに娘として知らせてやりたいです〉

 と続く。かつて可愛がった教え子たちの安否を知りたいという一心だった。住所は昔のものしかわからないため、無事届くかどうか確信はなかったが、祈るような気持ちで投函した。

 手紙はすぐに台湾の烏日郵便局まで届いたが、そこで配達が止まってしまった。旧住所だったため「宛先不明」となり、いったんは日本に送り返されそうになっていたのだ。だが、ここで一つの“奇跡”が起きる。いつものように郵便物の仕分け作業をしていた郵便局員の郭柏村さん(28)は、宛先不明の郵便物を集める箱のなかに高木さんの封筒を戻したあと、封筒の存在が心のどこかに引っかかったという。

「日本から届いた毛筆の分厚い手紙だったので、それを送り返してしまうのは、何かいけないことをしているような気がしたんです」

 先輩職員にどうするべきか相談したところ、上司の陳恵澤さん(55)が近づいてきて、封筒をまじまじと見た。

「一目見て、この手紙は大切なものに違いないと直感しました」

 陳さんは何としても今の住所を探そうと号令をかけ、郵便局員たちは配達の合間に、一軒一軒回っては聞き込みをし、訪ね先を探して回った。そして10日間ほどかけて、ようやく郭さんは楊漢宗さんの息子さんの楊本容さん(68)のもとへとたどり着き、手紙を届けた。楊本容さんが、パーキンソン病で入院中の父・楊漢宗さんに手紙を見せると、手紙を見つめながら息子の手を握り、口元で「家に帰ってまた見る」と囁いた。

 この一件は、台湾で大ヒットした映画『海角七号』(※注)の「現実版」として話題を呼び、台湾の新聞やテレビなどで大きく取り上げられた。だが、物語はここで終わらなかった。

【※注:終戦直後の台湾で、日本人男性教師が、恋仲にあった台湾人女学生宛てに手紙を書いたが届かず、現代の台湾の郵便局員が、「海角七号」という日本統治時代の住所をたよりに送り届ける物語。日本でも2009年に公開された】

(後編に続く)

文◆西谷格(ジャーナリスト。『この手紙、とどけ!~106歳の日本人教師が88歳の台湾人生徒と再会するまで~』著者)

※週刊ポスト2016年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
106歳の日本人教師から88歳の台湾人生徒に届いた奇跡の手紙
日本統治下の台湾の風刺漫画で当時の日本への思いを解する本
106歳女性教師の手紙が88歳の台湾人生徒に届くまで【後編】

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。