ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『武道館』原作・朝井リョウが考える「アイドルの恋愛禁止」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 直木賞作家・朝井リョウ氏原作によるドラマ『武道館』(フジテレビ系、BSスカパー!)が2月6日にスタートした。5人組女性アイドルグループ「NEXT YOU」を主人公にアイドルの世界の裏側を描くこの作品。ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「Juice=Juice」がNEXT YOUを演じ、実際につんく♂プロデュースでCDもリリースするということでも話題だ。自身もハロプロの大ファンだという朝井氏は、Juice=Juice主演の『武道館』をどう観たのだろうか──。2月4日に開催された試写会で第1話を観た直後の朝井氏に話を訊いた。

──試写会で『武道館』の第1話を観たばかりですが、いかがでしたか?

朝井:やはり原作者なのでなかなか1人の純粋な視聴者としては観られなくて、物語をどう伝えていくかという視点で観てしまいました。たとえば、事務所のスタッフの会話とNEXT YOUのメンバーたちの会話が重なることで場面展開をしていくシーンがいくつかあったんですが、小説でこの手法を何度も使うとちょっとクドくなってしまう。でも、映像で見るとそうすることですごく自然に描けるなあ、とか。第1話ということで、いろいろなことを説明しなくてないけないと思うんですが、そこをドラマとしていかに飽きさせず面白くするかという点に、すごく腐心してくださったんだろうなあということを感じながら観ていました。

 ライブのシーンはやっぱり映像だからこそ表現しやすいものだなと思いましたね。歌って踊っている姿や、熱狂している客席の様子は、文章ではなかなか表現しにくいものなので。今後も文章では描きにくいシーンがピックアップされていると、映像化の意味が強まると思います。

 ただ、逆に言うと、映像のなかで描かれていない部分については、小説を手にとって感じとってほしいという気持ちもあります。小説って、たとえば水に何か物を投げ入れたら、バシャンと水がはねてから、水面の余韻が消えるまで文章で表現できるんですけど、ドラマの場合はバシャンというところで終わらないとテンポが悪くなってしまう。なので、ドラマでは描かれていない“余韻”や“裏側にあるメッセージ”というものを小説を読んで考えてもらえたらいいなと思いますね。ドラマの利点と小説の利点がうまく重なって『武道館』という物語が完成するという感覚です。

──そもそも映像化を想定して執筆していたのですか?

朝井:いつか映像化されたらいいな~と夢見てはいましたが、実在するアイドルに演じてもらうなんていう挑戦的なことが実現するとは考えてなかったですね。アイドルにしてみたら、あまり口に出したくないような台詞もあるでしょうし…。なので、映像化の話をいただいた当初は『蛇にピアス』の主演の吉高由里子さんみたいに、まだ有名ではない新人の女優さんが体当たりで演技する、みたいなイメージを抱いていたんですよ。まさか現実のアイドルが演じるとは、まったく想像もしてませんでしたね。

──朝井さんもファンであるJuice=JuiceがNEXT YOUを演じることになるわけですが、朝井さんの推薦があったんですか?

朝井:最初は、オーディションで選んだ素人の女の子たちでNEXT YOUを結成するという話だったんですよ。だけど、歌もダンスも演技もできるようにならなくてはいけないとなると、いきなり素人の女の子では難しい、となりまして……制作側の方々から「もし現実のアイドルがNEXT YOUを演じるとしたら?」と聞かれたんですよね。そこで、「その場合はハロー!プロジェクトがいいです」と答えました。つんく♂さんの歌詞に影響されて書いた本でもあるので、ハロプロでお願いします、と。

──Juice=Juiceが演じるNEXT YOUを観て、いかがでしたか?

朝井:これはもうファン目線なんですけど、日高愛子(宮本佳林)と安達真由(高木紗友希)が電車に乗っているシーンが心に残りました。もちろん衣装を着て歌っているシーンも素敵なんですが、普通の洋服を着て普通に座って話している2人がものすごくキラキラして見えました。これは普段かわいい衣装を着てステージ上で輝いている彼女たちだからこそ感じる“逆のキラキラ感”なのかもしれないですけど、今後もそういう姿が見られるのはとても楽しみですね。

──私服で電車に乗っている姿は、たしかに普段のアイドル活動では見せることのないものですしね。

朝井:小説を書いているときも、そういう日常的なシーンのほうが楽しかったっていう印象があります。そういえば、物語の中の大切な台詞も、アイドルとしての彼女たちではなく何気ない日常の場面の会話の中に織り交ぜることが多かったような気がします。

──自分が作った物語を、応援しているアイドルたちが演じているというのはどんな感覚でしたか?

朝井:以前、映画化(『桐島、部活やめるってよ』)された時も思ったんですが、俳優さんが役名で呼ばれて、その役の通りに動いているのを見るのが恥ずかしいというか、見てはいけないものを見ているような感覚があるんですよね。禁忌を犯しているというか…。パラレルワールドを産んでしまった感覚で、ちょっと怖くなってきて。なので、実はあんまり長い間、見てられない。ほかの作家さんはどういう感覚なのかわからないですけど、ぼくの場合は作品と上手く距離感が取れないタイプです(笑い)。

──『武道館』では「恋愛禁止」のルールのなかで揺れるアイドルの恋愛が描かれていますが、朝井さんご自身は、「恋愛禁止」についてどうお考えですか?

朝井:ぼく個人としては、アイドルが恋愛していようがいまいがビックリするくらいどうでもいいんですよね。それはどういうスタンスでアイドルを見ているかにもよると思うんですけど、ぼくが典型的なスキル厨(註:歌やダンスのスキルやクオリティーを重視するファンのこと)だからなのかも(笑い)。おださく(註:モーニング娘。’16の小田さくら。歌唱力や表現力に定評がある)が大好きで。多分、おださくが好きな人は、「恋愛禁止」ということにあんまり興味がないような気がしていて。

 それは結局アイドルに何を求めるかっていう話なんだと思います。ぼくの場合は、自分の人生の何か足りないところをアイドルに満たしてもらおうとはあまり考えていないので、アイドルが恋愛しているかどうかはあんまり関係ない。ただ素晴らしいパフォーマンスが見られればそれでいい、という考え方なんですよ。

 つんく♂さんも、「アイドルに曲を作っているわけではない」っていうことをずっとおっしゃってるじゃないですか。それこそ、クラブに男を漁りに行くみたいな歌詞もあったりして。つんく♂さん本人も、建て前として「アイドルは恋愛禁止」って言うことはあっても、本音の部分ではそう思ってないじゃないかなって感じてるんですよ。

 あと、何かを犠牲にして作り出したものが素晴らしくなるっていう考え方がぼくのなかにはないんですよね。睡眠時間を削って書いた文章なんて読み返したら本当にクソみたいだし(笑い)。三食しっかり食べて、適度に運動して、健康的な生活の中で書いた小説のほうが、ぼくの場合は絶対に完成度が高いんです。そういう身体的な感覚もあって、恋愛を犠牲にすればアイドルとしてより輝くって本当なのかな、っていつも疑っています。彼女と恋愛しつつ箱根駅伝で優勝した青学の陸上部の選手達のほうがしっくりくるというか(笑い)。

◇連続ドラマ『武道館』
フジテレビ系 毎週土曜夜11時40分〜
BSスカパー! 毎週水曜夜9時〜

日本武道館の舞台に立つことを目標に活動する女性アイドルユニット「NEXT YOU」。恋愛、人気格差、家族との関係…といった悩みを抱えながらアイドルとして生きる彼女たちは、夢を実現できるのか──。アイドルの裏側に迫った朝井リョウの同名小説『武道館』(文藝春秋)を、ハロー!プロジェクトのアイドルユニット・Juice=Juice主演でドラマ化。BSスカパー!版は、フジテレビ版にオリジナルシーンを加えて放送される。

【朝井リョウ(あさい・りょう)】
1989年5月31日生まれ。岐阜県出身。早稲田大学文化構想学部在学中の2009年に『桐島、部活やめるってよ』(集英社)で小説すばる新人賞を受賞。2013年、『何者』(新潮社)で第148回直木賞を受賞。男性受賞者としては戦後最年少。最新作は2015年の『世にも奇妙な君物語』(講談社)。

(取材・文/相羽真)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『武道館』主演・Juice=Juice つんく♂の温かい言葉に涙
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP