ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J・G・バラードの名作SF小説が映画化!『ハイ・ライズ』今夏公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「太陽の帝国」「クラッシュ」で知られるSF小説の巨匠J・G・バラードの小説を原作とした映画『ハイ・ライズ』の日本での公開が決定。監督は、イギリス内外で評価を高めているベン・ウィートリー。主演を務めるのは、マーベル映画『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』シリーズのロキ役でブレイクし、近年世界中の女性たちを虜にしつづけ、飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優トム・ヒドルストン、そのほかルーク・エヴァンス、ジェレミー・アイアンズ、シエナ・ミラーなど、英国の人気キャストが集結する。

階級別にフロアが分けられ、上階に行くほど富裕層となる新築タワーマンション。医師のロバート(ヒドルストン)は、マンションのコンセプトを考案した建築家アンソニー(アイアンズ)の誘いでこの建物に住み始めるが、ワイルダー(エヴァンス)という住民と出会い、マンション内で起こっている異常事態を知ることに。住民たちの摩擦は、徐々に激化していく――

『ハイ・ライズ』
監督:ベン・ウィートリー(『キル・リスト』『サイトシアーズ ~殺人者のための英国観光ガイド~』)
原作:J・G・バラード(「ハイ-ライズ」「太陽の帝国」「クラッシュ」)
出演:トム・ヒドルストン(『マイティ・ソー』シリーズ)、ルーク・エヴァンス(『ドラキュラZERO』)、ジェレミー・アイアンズ(『リスボンに誘われて』『運命の逆転』)、シエナ・ミラー(『アメリカン・スナイパー』)、エリザベス・モス(『マッドメン』)、ステイシー・マーティン(『ニンフォマニアック』)
2015年/イギリス/112分/原題:High-Rise/配給・宣伝:トランスフォーマー
© RPC HIGH-RISE LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015
8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP