体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「切りますね?」朦朧としたまま処置してもらった会陰切開、私には正解でした!

「切りますね?」朦朧としたまま処置してもらった会陰切開、私には正解でした! f:id:akasuguope03:20150915090307j:plain

なんとなくは知っていたつもりだけど、どんな風に産むのかの想像がついていない私にとって、出産も会陰切開も未知の世界でした。

「切りますね?」

と聞かれ、

「次、痛みきたら切るよ」

と言われてもよく分からずにうなずいたのは覚えています。

陣痛が強くて、切られたことも分かりませんでした。

だから、切ってもらったことで、するっと出てきてくれたのは本当に良かったと思いました。

ただ、その後に縫わないといけないので、麻酔を打たれたものの軽くチク、チクとする感じがありました。

大量に出血していたのもありフラフラしていました。

ほとんど意識朦朧だったのかもしれません。

でも我慢出来ないことはなかったので、なんとか大丈夫でしたし、消毒もしっかりしてもらえたので、かぶれなんかもなかったです。

その日はすぐに横になって寝ていて、痛み止めを服用したので気になりませんでした。

ですが、次の日の朝、トイレに行ってビックリしました。

血まみれで拭くのが大変!

生理の酷いバージョンみたいな感じでした。

あんな大きいナプキンは初めてでしたし、傷口が突っ張ったような感じがあり、歩くのはヨチヨチしていました。

普通に座りは出来ましたが、座るまでに時間がかかり、一つ一つの動きがスローでした。

トイレも怖くてゆっくりしか出来なくて、なかなか大の方は出来ずに、下剤まで出されました。

お風呂はシャワーのみ。

退院するまで出血はありましたが、毎日内診があり、消毒してもらえてたので安心しました。

糸は溶けるタイプと言われていましたが、退院する時には既に慣れて大丈夫でした。

違和感はあったけど、その頃には乳腺が詰まって乳腺炎寸前だったので、それどころではなかったです。

良く、ドーナツクッションがいい!と聞きますが、私には必要なかったです。

切りたくない人もいるみたいですが、頭がはまりすぎても赤ちゃんは痛いし、疲れちゃうので、楽にお産する為にも、もしもの時はお願いしてもいいと思いました。

怖い物ではないし、さけたりして余計に長引く傷になるよりは、思い切って切開してもらって、すっきりスポンと産んで、きれいに縫合してもらう方がいいと思います。

f:id:akasuguope02:20160209204628j:plain
1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会