ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android Wearのウォッチフェイスアプリ「Facer」がv2.0にバージョンアップ、フリーミアムに移行

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Android Wear スマートウォッチのウォッチフェイスをダウンロード・カスタマイズできる「Facer」が v2.0 にバージョンアップしました。Facer は、Android Wear 用のウォッチフェイスなのですが、スマートフォン用アプリがウォッチフェイスのストア機能を提供しており、アプリ内で配布されているデザインをダウンロードしてウォッチフェイスの外観を変更したり、必要であればサポート範囲でカスタマイズできます。今回の v2.0 はメジャーアップデート版となっています。大きな変化はウォッチフェイスストアのデザインが一新し、課金システムが一部の有料デザインの販売方式に変更されたところです。アプリでは無料のデザインも複数あるので基本的には無料で利用できます。v2.0 になって現行の Android Wear デバイスを全機種サポートし、WatchBox にデザインをお気に入りに保存することも可能になりました。さらに、www.facer.io を通じて「Facer Creator」というウォッチフェイスデザインの作成機能が提供されるようになり、ユーザー独自のウォッチフェイスを制作できるようになりました。「Facer」(Google Play)

■関連記事
Googleマップのナビゲーション機能が改善、道路情報を地図に表示、ナビ音声がより自然な口調に変わる
Qualcomm、LTEカテゴリ16をサポートした「Snapdragon X16 LTE」モデムを発表、下りスループットは1Gbpsに
Android Wear 1.4(Android 6.0.1)で変更された初期化方法を紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。