ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、ウェアラブルデバイス用のSnapdragonプロセッサ「Snapdragon Wear 2100」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Qualcomm は 2 月 11 日、ウェアラブルデバイス向けの新 SoC「Snapdragon Wear 2100」を発表しました。Snapdragon Wear 2100 はこれまでの Android Wear で広く採用されたウェアラブル用の Snapdragon 400 / 410 の後継にあたる製品で、前作よりもチップサイズが 30% 小型化し、25% 電力効率が改善されました。また、新たに Quick Charge 2.0 や GSM / WDMA / CDMA,EV-DO / TD-SCDMA / FDD-LTE / TD-LTE をサポートしたマルチモードモデム「X5 LTE」に対応しました(Wi-Fi と Bluetooth のみをサポートした SKU も用意されています)。Snapdragon Wear 2100 の CPU は Cortex-A7 x4 最大 800MHz / 1,2GHz で、GPU は Adreno 304 です。また、最大 640 x 480 ピクセル @ 60fps のディスプレイ、LPDDR3 400MHz RAM、eMMC 4.5 NAND フラッシュ、IZat Gen8C、Fluence ノイズキャンセリング、Snapdragon Voice Activation、Snapdragon Voice+、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.1 をサポートしています。Source : Qualcomm

■関連記事
Googleマップのナビゲーション機能が改善、道路情報を地図に表示、ナビ音声がより自然な口調に変わる
Qualcomm、LTEカテゴリ16をサポートした「Snapdragon X16 LTE」モデムを発表、下りスループットは1Gbpsに
Android Wear 1.4(Android 6.0.1)で変更された初期化方法を紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。