ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleマップのナビゲーション機能が改善、道路情報を地図に表示、ナビ音声がより自然な口調に変わる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google マップのナビゲーション機能が一昨日より配信されている v9.20 のアップデート版で改善されました。改善点は 3 ヶ所で、まずは交差点や分岐などの道路情報を地図上に表示するようになったところが目玉と言えます。道路情報は画面の上部にも表示されるのですが、ドライバーが運転中に目を向けるのは大抵の場合、地図の自分の位置です。そこに道路情報が表示されるようになり、進行方向などを容易に認識できるようになりました。次はナビ中の音声がより人間っぽい自然な口調に変わった点です。Google Now を実行すると質問などを離す音声とは別の音声に変わりました。最後は設定メニューに追加された「通話中もナビ音声を流す」です。これは文字通り、電話で話している間もナビの分岐などを教えてくれます。

■関連記事
Qualcomm、LTEカテゴリ16をサポートした「Snapdragon X16 LTE」モデムを発表、下りスループットは1Gbpsに
Android Wear 1.4(Android 6.0.1)で変更された初期化方法を紹介
Amazon MusicのAndroidアプリにスリープタイマー機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP