ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【DNA Diet and Lifestyle】vol.9: 《遺伝子で決定》”お酒の強さ”は鍛えられない!?

  • ガジェット通信を≫

お酒の強さは遺伝子で決まっている!

皆さんはお酒に強いですか?

私もしばしば飲んでいた頃は冷酒を1-2合ぺろりと飲んでいました。しかし、ある程度は赤くなりましたし、適度に酔っぱらっていました。時には二日酔いも…。

お酒の強さは遺伝的に決まっています。まさに遺伝子のなせるわざです。

お酒の強さは鍛えられない…

お酒の強さはアセトアルデヒドデヒドロゲネース2(ALDH2)という酵素が体の中にたくさん作られるか、少々作られるか、ほとんど作られないか、で生まれつき決まっています。

この酵素は「鍛えること」では増えません。

でも、実際には飲んでいるうちにだんだん強くなることがありますね。これはミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)という別の酵素が増えてきてアルコールを代謝できる量が増えるからです。

でも、所詮は2番手。ALDH2にはかないません。

また、ALDH2はお酒のために存在する酵素ではなく、体の中の強力な抗老化、抗病気の酵素です。

つまり、お酒に強い遺伝子を持って生まれた人は幸運な人と言えるでしょう。そして、この人達にはお酒に関する病気が「飲む量の割には」少ないのです。ちなみに秋田・岩手・鹿児島などの酒所の人は80%近くがこの強者です。

「ある程度飲める」はお酒に関する病気にかかりやすい!

さて、食道ガンやアルコール性肝障害のようなお酒に関する病気が多いのは誰でしょう?

実は全く飲めない人ではなくある程度飲める人です。

理由は簡単。全く飲めない人は最初から飲まないからです。私のようなある程度飲める人(ALDH2を多少作れる人)はある程度飲むことができ、「鍛えている」うち2番手の酵素も増えてくるのでそれなりに飲むことができるようになります。

でも、ALDH2は少ないままのでお酒の害はまともに受けやすい。このタイプは二日酔いにもなりやすく、日本人の半分はこのタイプだと考えられています。

あなたはどのタイプ?

皆さんはどのタイプでしょうか?御両親はいかがですか?生まれて初めてお酒を飲んだ日のことを思い出してみましょう。その時も全く酔わなかったでしょうか?それなら幸運な人と言えるでしょう。

だからって、許容量を超えて飲むとお酒の被害が出るのは言うまでもありません。

アル中の人はほとんど「お酒に強い遺伝子」を持っています。依存症になるまで飲むことができるためには「強い遺伝子」が必要だからです。要は、許容量が大きい、というだけの話です。

大切な酵素を無駄遣いしないようにご注意を。

~医師:松本 明子~

関連記事リンク(外部サイト)

危険!絶対避けたい【4つの飲酒方法】と、アルコールハラスメントについて。
お酒が飲めない【下戸】の飲酒は”胃がん”になりやすい!?
お酒のちゃんぽんで、悪酔いするのは本当?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP