ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あれ要る?これ要る?の出産用品。病院でもらえる分で間に合ってしまったのはコレ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

出産は未知の世界です。

大きく変わる体の変化の中で必要になってくるものもありますが、結局要らなかったものも多くあります。

妊娠中、出産用品を買出しに行ったときに、買おうか買うまいか迷った商品も多くありました。

その中の一つに清浄綿があります。

使い道が良くわからないものの、あれば何かと便利という触れ込みに迷える妊婦は購入を決断したのでした。

産後、清浄綿はすぐに必要になりました。

お産の後のトイレに行くたびに、トイレットペーパーに代わって清浄綿を使用するのです。

清浄綿は繊維が肌に残らず、滅菌処理もされていて清潔だからです。

しかし、病院では妊婦さん向けのお世話セットを一式用意されており、その中には清浄綿もふた箱用意されていました。

入院中も退院後も、暫くの間は持つほどの量です。

下の怪我が治るまでの間は清浄綿を使いましたが、出血が止まると普通にトイレットペーパーの使用も可能になりました。

トイレでの出番がなくなると、清浄綿の利用機会は全くなくなってしまいました。

赤ちゃんのお世話にとも思いましたが、赤ちゃんにはおしり拭きがあるので取り出しやすさもあり、ついおしり拭きを使ってしまいます。

おしり拭きと言っても、おしり以外にもお口拭きやお手拭きとして利用できる製品がほとんどです。

私が買ったおしり拭きも、おしり以外にも使えるウエットティッシュのような製品でした。

それに比べて清浄綿と言うのは、一つ一つが滅菌処理されていてアルミパックに密封されていて、取り出すにはいちいちパックを切る必要があります。

おしり拭きやティッシュペーパーのように、ストレスなくいざと言う時引き出せるというものではないのも、使うのが億劫になってしまった要因の一つでした。

その後も清浄綿の活躍する機会はなく、1年が過ぎてしまいました。

仕方なく、肌のお手入れコットンとして私が使う事になったのでした。

妊婦に必要なものは病院からあらかた用意されるため、特別用意しなくてよかったんだなと思いました。

著者:りんご

年齢:35歳

子どもの年齢:2歳

子供を産む前はそれほど子供好きではありませんでしたが、出産してガラリと変わりました。子供の泣き声を聞いても嫌な気がしなくなったのが産後に感じた一番の変化です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

とても座っていられない!数日だけど、絶対必要だったドーナツクッション
帝王切開予定の方は特におすすめ。入院時の持ち物に、産褥ショーツも要チェック
これだけはお気に入りを使いたかった!『授乳クッション』は私の戦友

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。