ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

​SONY製1200万画素COMSを搭載したカメラ一体型ハンドヘルド3軸ジンバル​

  • ガジェット通信を≫

​SONY製1200万画素COMSを搭載したカメラ一体型ハンドヘルド3軸ジンバル​がいろいろ登場してきました。DJI Osmoが有名ですね。ちょっとマイナーなFilmpower ROXORを紹介します。Filmpowerとは、サンフランシスコの業務用カメラの​​ジンバルメーカです。

ジンバルとは、ジャイロのような機構で、カメラなどを安定化させる装置ですモータの回転軸により一定の方向性を保つ仕組みです。スタビライザーの一種です。ROXORとは、そのジンバルメーカが作ったカメラ一体型のハンドヘルドジンバルです。


DJI Osmoは8万~9万ぐらいします。Filmpower ROXORはその半分ぐらいの価格で入手できます。性能はほとんど同じです。

見た目は、なんというか古臭い懐かしいロボットアニメ風なデザインです。3軸のブラシレスモータを採用しています。3か所にモータがついています。

誰でも簡単に、テレビ番組や映画のような手ブレの無い浮遊感ある映像を撮ることができます。

早い話、実際の映像を見ると分かりやすいでしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=2NhPRC-xiYE

電源を入れるとカメラが水平に保たれます。

カメラはその空間に安定して存在できます。つまり安定した動画を撮れます。

MiniUSBコネクタやMiniHDMI出力をその備えていたり。

MicroUSBスロットがあったりします。

操作系のボタンもあります。まだ試作の要素を感じる作りです。

ボタン等の操作性はちょっと未完成な部分を感じますが、ジンバルの機能はなかなか優秀です。初心者でもサクっと安定した撮影ができます。

パッケージは工具っぽい感じです。

付属品には、ワイアレスリモコンが付いています。

本体のボタン操作をしなくても、録画の操作をできます。

持ち手部分にiPhoneを設置することもできます。

バッテリーが一風変わっています。

ACから直差し充電です。珍しい。

SPECの説明を簡単にいたします。最大で4K(3840×2160)の撮影ができます。しかし10fps​しかでません。HD(1920×1080)なら60fpsで撮影できます。60fpsあれば滑らかです。

4K撮影、スロー撮影、タイムラプス撮影などもできます。バッテリーの持ちが非常に長いのも特徴です。2時間ぐらい持ちます。実際に使ってみると非常に快適に撮影できます。


いろいろ楽しめるカメラです。3軸ジンバル欲しいけど、ちょっとカメラの分からない人にお勧めしたいカメラ一体型のジンバルです。しかしまだ試作の要素が強いので、完全に初心者にはお勧めできません。操作系がちょっと難しいです。

そのため、カメラについては詳しく知識もありながら、4~5万のおもちゃとして、遊んでみたい人に最適な商品になっています。

撮影動画の各種はプロニュースの動画が参考になります。
https://youtu.be/q6D_PPLvjq4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP