ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

病院の待ち時間で聴きたい曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
今回は、「病院の待ち時間で聴きたい曲」をセレクトしました。風邪を引いて病院のお世話なる、なんてことも多いこの季節。自分の番が来るまでじっと待つ、あの長い時間に聴きたい曲をセレクトしました。お薬と共に、音楽でも元気を注入してくれるような5曲をどうぞ。

1.「Don’t Worry Be Happy」/Bobby McFerrin
https://www.youtube.com/watch?v=d-diB65scQU
タイトルどおり、「心配するなよ、良くなるさ」と、病院で待っている間の心細さを払拭してくれる1曲です。軽快なリズムが重い気分をふわっと明るくしてくれます。1988年に大ヒットしたこの曲は、一切楽器を使わず、全てボビー・マクファーリンの声だけで多重録音されました。薬や消毒液のにおい、注射器など医療器具のふれあう音、殺風景な空間。病む人が重い気分で集まる待合室で、人の声による温かさと優しさに「心配するなよ、大丈夫だよ」と慰められていたいと思うのです。
(選曲・文/阪口マサコ)

2.「海の声」/浦島太郎(桐谷健太)
https://www.youtube.com/watch?v=-zQWavER7to
auのCMでお馴染の三太郎シリーズで、浦島太郎こと桐谷健太が歌う、「海の声」。BIGINの島袋優が作曲しました。イントロの三線の音色を聴くだけで、美しい海の景色が浮かんできて、よどんだ気持ちを吹き飛ばしてくれます。桐谷健太の歌声から伝わる熱量が心に響き、早く元気になって大切な人に会いに行きたいと、前向きな気持ちにさせてくれます。“病は気から”なんて昔から言われますが、前向きになることも、大事な治療法です。この曲を聴きながら、英気を養ってください。
(選曲・文/石井由紀子)

3.「Rabbit Hole Waltz」/sugar me
【その他の写真】https://www.youtube.com/watch?v=zaFQZHKHirU
熱が出ると変な夢を見ることありませんか?たいていは悪い夢で、より体調が悪くなるようなものですが、もし変な夢でも“不思議の国のアリス”の世界のようなら、寝込むのも楽しいはず。この曲名の“Rabbit Hole(ウサギの穴)”という言葉を目にしただけで、家に帰ってから眠る際に、不思議な夢を見られる予感がします。そして優しく可愛らしいワルツ調の曲は、熱で疲れた体にも、じんわり溶け込んでくるのでおススメです。
sugar me は、寺岡歩美のソロ・プロジェクトで、日本語・英語・フランス語の3カ国語を
歌い分けます。透明感のあるヴォーカルとポップでアコースティックな音楽がとても気持ちいいです。昼下がりに窓際から差す光のような雰囲気を持つアーティストです。
(選曲・文/石井由紀子)

4.「Foot Pattin’」/KING CURTIS
体が弱っているうえに、いつ自分が呼ばれるのか分からない長い待ち時間。これだけでも滅入るのに、隣の天真爛漫なお坊ちゃんがお戯れ遊ばされた暁には、ふつふつとイライラが募ってくるのはやむを得ないところ。いかん、いかん。心にゆとりを持たねば。この曲は、サックス奏者キング・カーティスによる1969年作「Instant Groove」より選曲したものです。軽快なリズムに乗ってサックスとギター(デュアン・オールマン)が奏でるブギのメロディー。その自由奔放且つ白熱した演奏に、あなたの心は解きほぐれることでしょう。「おおらかに行こうぜ。」という気持ちになります。病院なので、足でリズムを取るのは自粛。それでも、隣の坊やのファンキーな行動には、グルーヴィな対応が出来ることでしょう。
(選曲・文/旧一呉太良)

5.「ケ・セラ・セラ」/ドリス・デイ
体調が悪いし、しんどいし・・・なんて悲観しても、良くなりません。それに、病院で待っている間は、なんだか不安になってしまうものです。だからこそ、 “なるようになるさ”という意味のこの曲を聴けば、気分もちょっとは軽くなるでしょう。
「ケ・セラ・セラ」は、1956年に発表された曲で、ヒッチコック監督の「知りすぎていた男」の主題歌です。ドリス・デイは、この映画に主演女優として出演しました。
「ケ・セラ・セラ」という言葉を呪文のように唱えてみれば、落ち込んだ気分も明るくなるはず。診察の後は、ゆっくり休んで、明日は笑って過ごしましょう。
(選曲・文/石井由紀子)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP