体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エースの条件、覚悟と信頼、諦めない心…小橋建太、“四天王プロレス”を振り返る(前)

エースの条件、覚悟と信頼、諦めない心…小橋建太、“四天王プロレス”を振り返る(前)

ハードな技を次々に繰り出し、ピンフォールによって決着するまで死闘を繰り広げる――1990年代に熱狂を生み出した「四天王プロレス」はまさしく伝説だ。その「四天王」といわれていたのが、当時の全日本プロレス気鋭のレスラーだった三沢光晴、川田利明、田上明、小橋健太の4人である。

『小橋健太、熱狂の四天王プロレス』(小橋建太著、ワニブックス刊)は、四天王の一人である小橋建太さんが、自身の幼少の頃から、四天王プロレスが終わる1990年代末までを振り返った、プロレスの“歴史書”ともいえる一冊。決して色あせないあの戦いの中で、何を感じていたのか? 時系列に回想を重ねていくこの本には、様々な名プロレスラーたちが登場し、当時のファンは胸を熱くすることだろう。そして、当時がリアルタイムではなかった若い世代のファンにも感じるものがあるはずだ。

今回、新刊JPは本書を上梓した小橋さんについてお話をうかがうことができた。この本に込めた想いとは…?
(取材・文:金井元貴、カメラ:山田洋介)

■「ジャイアント馬場さんはオヤジ。最初は認めてもらえなかった」

――鬼気迫るような緊張があり、読んでいて胸が熱くなる本でした。1990年代の「四天王プロレス」の時代をテーマに書かれた理由を教えて下さい。

小橋:ここ近年、プロレス人気が再燃してきていて、新しいプロレスファンも多くなりました。そういった方々に向けて、今のプロレスに影響を与えている「四天王プロレス」の時代について知ってほしいと思ったんですね。

――だから一度、小橋さんの目から見た「四天王プロレス」をまとめておこうと。

小橋:そう考えていたときに、この本のお話をいただきました。

――当時を思い出しながらの作業だったと思いますが、新しい発見はありましたか?

小橋:発見というか……必死だったなあ、と。おそらく、皆さんは自分にポジティブなイメージを持たれていると思いますが、当時は反骨心や劣等感を持って、がむしゃらにやっていました。ポジティブとは違う、がむしゃらな想いが四天王プロレスに繋がっていったことは発見かもしれません。

――とにかく必死だった。

小橋:必死ですし、悔しいという想いをずっと持ち続けていたのが「四天王プロレス」の時代だったと思います。劣等感や悔しさを持って立ち向かうことが、人間を大きく成長させるバネになるんです。

――本書でも語られていますが、当時の全日本プロレスの社長だったジャイアント馬場さんは、小橋さんにとっての非常に大きな存在だったと思います。小橋さんにとってジャイアント馬場さんはどんな存在でしたか?

小橋:オヤジですね。僕は(全日に)入る前から馬場さんのファンでしたが、入門後に偶然にも馬場さんの付き人をすることになりました。付き人のなり方が複雑で、馬場さんから直接言われたわけではない状態で付き人になることになったので、はじめは(付き人として)認めてもらえなかったんです。当時は辛かったですが、今では自分にとって良い経験でした。

エースの条件、覚悟と信頼、諦めない心…小橋建太、“四天王プロレス”を振り返る(前)

――どのように認められていったのですか?

小橋:付き人の仕事をしようとしても「帰れ、帰れ!」と言われて、次の日も、また「帰れ!」と言われたりもしました。それでも付き人としての自分を見てもらい、認めてもらわないといけないという想いがあったので、どんなことがあっても次の日には元気に「おはようございます!」と行って、ちょっとずつ認めてもらえるようになっていた感じでした。今の時代ではあまり聞かない話だと思うのですが。

―― 一回ダメならばもう諦めるという人も多いと聞きます。実はこの本を読んだときに、小橋さんは勝つことよりも敗北や悔しさの方に重きを置いて書いているように思いました。そして、そこに必ず付いているのは、諦めない心、がむしゃらに立ち向かう姿勢です。

小橋:負けから悔しさが生まれて、次は絶対に勝つという想いが湧いてくるものだと思います。負けることはいけないことではなくて、次につなげるものです。そこで生まれた反骨心や劣等感をエンジンにして、負けた理由を考えて、練習をして上がっていったのが僕だったと思うので、諦めることはしなかったですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。