ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家政婦VS実の娘、遺産相続裁判 娘はこうして敗れた【前編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ある資産家女性の遺産を巡る、「家政婦VS実の娘」の争いで、言い渡されたのは、実の娘ではなく、血のつながらない家政婦の全面勝訴だった──。

 資産家女性・吉岡初子さん(享年97)は、全財産3000万円を家政婦に残すと遺言を残し、2011年に死去。娘たちはその遺言を無効として家政婦に一銭も渡さなかったため、家政婦が金銭を支払うよう主張していた裁判だ。

 初子さんと家政婦の間には血縁関係はまったくない。なぜ、家政婦は裁判を決意したのか、娘たちにはなぜ遺産が残されなかったのか、血のつながりのない家政婦とはいったいどんな存在だったのか。女性セブンが入手した裁判記録には、50年以上にわたる、“泥沼の資産争い”が記されていた。

 裁判を起こした石川美津さん(仮名・68才)は、1947年に岩手県で生まれ、中学を卒業した1960年、就職のため上京した。以来、50年にわたって吉岡家に住み込みで家事手伝いをしていた家政婦だ。

 美津さんが仕えた吉岡家は映画界では有名な一家だった。美津さんは14才から、初子さんの父・吉岡重三郎氏のもとで働き、重三郎氏の死後は初子さんと夫・定美氏に仕えた。美津さんは結婚をすることもなく、1984年に定美氏が亡くなってからも、住み込みの家政婦として初子さんの身の回りの世話を続けていた。

 裁判資料によると、美津さんは、《定美が亡くなる少し前から無給で働くようになった》というが、それは定美氏が亡くなる1年前に《初子が亡くなる際には一定額の退職金を支払う旨明言》しており、《初子は、自身が亡くなった際には自身の財産の全てを退職金代わりに(美津さんに)遺贈することにより亡夫の遺言を実現させようとした》のだ。

 美津さんはその気持ちに応えようと、2001年に初子さんが脳梗塞と脳循環障害を発症し歩行障害を抱えたときにも、介護をし献身的に尽くした。

 遺言が書かれたのは、2003年のことだ。そして2007年、初子さんは自宅で転倒して緊急入院する。美津さんは毎日のように付き添っていたが、数か月後に親族のいる宮崎に身を寄せた。

 親族の証言によると、美津さんは《よれよれの恰好で現金も5000円しか所持していなかった》という。これについて美津さんは、《初子が入院するやいなや初子の財産を我がものにせんと画策する(娘ふたり)に追い出され》た、と主張している。

 初子さんが亡くなったのはその4年後の2011年だった。そこで、初子さんが生前作っていた「一切の財産を美津さんに遺贈する」旨が記載された遺言が見つかった。

 娘たちはすでに初子さんの口座から遺産を引き出していたが、初子さんが遺言を託していた弁護士が代理人となり、金銭の返還を訴える、今回の裁判に至ったのだ。

 この裁判をよく知る全国紙の社会部記者が言う。

「美津さんからの訴えに対し、全遺産を家政婦が譲り受けることに疑問を感じた娘たちは、“実の娘を差し置いて家政婦に全財産を渡そうとはしないはず”“母親は認知機能が低下していた”と遺言の無効を主張するとともに、“父・定美が死んだときには10億円以上あった財産が、3000万円ほどになっていた。美津さんが母の財産を使い込んでいた”と逆に金銭を支払うよう主張したのです」
(後編に続く)

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
遺産裁判で実子に勝った家政婦「毎日の生活だけでいっぱい」
家政婦VS実の娘、遺産相続裁判 娘はこうして敗れた【後編】
大ヒット『家政婦のミタ』感想 市原悦子は「ノーコメント」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP