ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妻亡くした清水健アナが子育てに奮闘 仕事仲間からエール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 読売テレビの報道番組『かんさい情報ネットten.』(毎週月~金、夕方4時47分~)でメーンキャスターを務める清水健アナウンサー(39才)が、妻・奈緒さん(享年29)との闘病生活を振り返った手記『112日間のママ』(小学館)を出版した。

 清水アナと『ten.』のスタイリストだった奈緒さんは2013年5月に結婚し、2014年3月には奈緒さんの妊娠がわかる。しかし、同年4月30日に奈緒さんの乳がんが発覚してしまったのだ。ここで出産を諦めるという選択もあったが、奈緒さんは2014年10月に長男を出産する。ところが、そこから奈緒さんの体は悪化。2015年2月11日、乳がんのため亡くなった──。

 この1年、清水アナは、親だけでなく、姉家族、時には奈緒さんの両親、奈緒さんの兄弟家族の手を借り、子育てと仕事に奮闘してきた。

「まさか39才になって親と同居することになるとは思わなかったですし、親も決して若くありません。息子を見てもらうことにどこまで甘えていいのか、申し訳ない気持ちも、葛藤もありました。本当に感謝しています。今までは照れて言えなかったけど、自分の親に“ありがとう”って素直に言えるようになりました。すごく寂しいことなんですが、奈緒がそうしてくれたんだなって思います」(清水アナ)

『ten.』の出演者、スタッフは、みんな奈緒さんが大好きだった。妊娠がわかった時には一緒に喜び、乳がんがわかったときには「なんで、奈緒ちゃんが?」と怒り、悔しさ、悲しみをぶちまけた。ともに闘病を支え、奈緒さんが亡くなったときは、みんな声を出して泣いた。

◆朴一教授、奥野史子さん、赤星憲広さんが清水アナにエール

 そんな仲間が、今、清水アナを見守っている。大阪市立大学教授の朴一さんが語る。

「清水くんはまだ立ち直れていない部分もたくさんあるでしょう。でも、番組のなかで同じようなケースを扱う時も多いのですが、逃げることなく、自分の経験なども重ねて、いい意味で同じ境遇の人にこうした方がいいんじゃないかとか、一生懸命に伝えようとしている姿は見ていて教えられることが多いですね」

 元女子シンクロナイズドスイミング選手で3人の子供を持つママでもある奥野史子さん(43才)も言う。

「LINEでは、子育ての相談もされますよ。慣れないながらも必死にパパをしていて、最近はベビースイミングにも行っています。いつも“奈緒ならどうするかな?”と言ってるから、奈緒ちゃんの存在を感じながら子育てしているなって思うんです。よくね、“寂しい”とか“しんどい”って言うんですけど、でも本当にネガティブな面は出してこないんです。だから、土日もなく、ずっと動いてる。たぶん、動いてないとどうにかなってしまうと思ってるんじゃないですかね…」

「清水って本当は不器用な人間なんです」と言うのは、清水アナと同年齢で、親しい友人の元阪神タイガース選手で野球解説者の赤星憲広さん(39才)だ。

「不器用ですし、ひとりで考え込んで、自分で疲れてしまうタイプなんだとぼくは思っているんです。だから、正直ぼくにももっと頼ってほしい。ぼくができることなら力になりたいと思うんです。でも、正直頼ってくれないんです。なんでも自分でやろうとする。それも清水のすごいところだとは思うんですけどね」

 取材中、清水アナは何度も自分のことを「情けない限り」「もっとしっかりしなくちゃいけない」「ぼくがダメなんですけど…」と、弱い部分をさらけ出していた。しかし一方で、清水アナの親しい人たちが愚痴ってしまうほど、彼は周囲を頼っていない。いったいどういうことなのか、清水アナ本人に聞くと、泣きそうな笑顔を浮かべてこう言った。

◆奈緒さんが残した写真には笑顔しかない

「本当は弱いくせに、やっぱりぼくはかっこつけてるってことなんでしょうね…多くの人が心配し支えてくれる。それも奈緒がいてくれたからなんですけど、ぼくは幸せ者なんだと思います」

 112日間──奈緒さんがママだった日はあまりに短い。脊椎にまで転移していたため、歩くことさえつらかったはずだ。でも彼女は一度も「痛い」「つらい」と言ったことはなく、泣いたこともない。奈緒さんが残した写真には、彼女の笑顔しかないのだ。

 清水アナは「息子が理解できる年齢になった時に」と、納骨はしていない。奈緒さんの前には、それらの写真も一緒に置いてあるが、息子はどんなにぐずって泣いていても、ママの前にいくとすぐに泣きやむという。

「だから奈緒は最期まで笑っていてくれたんだなぁって思うんです」

 子供の成長は早い。息子は、奈緒さんが亡くなった2日後に寝返りをうった。それからハイハイして、ヨチヨチ歩きをして、今は手をつないで散歩もできる。毎朝仕事に出かけるときも、「バイバイ」と見送ってくれる。

 清水アナの親によると『ten.』の始まりを伝えるオープニングの音楽が流れると、息子はテレビの前に行って清水アナを指さす。そして彼が「こんにちは」と頭を下げると、息子もテレビに向かって頭を下げるのだという。

 清水アナの帰宅は、生放送終了後の夜8時頃。パパが帰ってきたのがわかると、部屋のどこにいても、猛スピードで彼に駆け寄り、抱きつくのだという。

 そんな息子の成長が、清水アナはうれしくてたまらない。そして、思う。ここに奈緒がいてくれたら。奈緒も喜ぶだろうな──毎日、そんな思いの繰り返しだ。だから、清水アナは「うれしいからこそ、寂しさもある」と言う。その彼の右手はやっぱり、左手薬指のリングに重ねられていた。

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
清水健アナ 妻の死の2日前に転院の大きな決断をしていた
読売テレビ清水アナ 乳がん死の妻「どうしても子供産みたい」
読売テレビ・清水健アナ 妻の死から1年で「心折れそう」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。