ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家政婦VS実の娘、遺産相続裁判 娘はこうして敗れた【後編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ある資産家女性の遺産を巡る、「家政婦VS実の娘」の争いで、言い渡されたのは、実の娘ではなく、血のつながらない家政婦の全面勝訴だった──。

 資産家女性・吉岡初子さん(享年97)は、全財産3000万円を家政婦に残すと遺言を残し、2011年に死去。娘たちはその遺言を無効として家政婦に一銭も渡さなかったため、家政婦の石川美津さん(仮名・68才)は裁判を起こした。

 美津さんが仕えた吉岡家は映画界では有名な一家だった。美津さんは14才から、初子さんの父・吉岡重三郎氏のもとで働き、重三郎氏の死後は初子さんと夫・定美氏に仕えた。美津さんは結婚をすることもなく、1984年に定美氏が亡くなってからも、住み込みの家政婦として初子さんの身の回りの世話を続けていた。

(前編からの続き)

 美津さんと真っ向対決する、実の娘たち。裁判で明らかになったのは、財産を巡る母と娘のいびつな関係だった。この事件をよく知る全国紙の社会部記者がこう話す。

「定美さんの死後、娘たちは、母親から絶えず資金援助を受けていたようです。それは、住居の購入費やリフォーム代、家賃などありとあらゆる面においてでした」

 裁判資料には、初子さんと暮らしていた次女が家を出る際に、転居費用として《150万円を渡したほか、平成元年1月から平成4年4月までの(次女の)マンションの家賃も初子が払った》とある。また、その後、次女がマンションを購入した際には《リフォーム代1000万円も初子が援助した》という。

 娘たちの無心は止まらない。2002年には、長女と次女が物価の安いマレーシア・ペナン島に移住を考え、初子さんに移住を持ち掛けるとともに資金援助を頼んだ。初子さんは移住を断り、美津さんと暮らすことを決めたが、娘たちに3000万円の援助をした。

 その際娘たちは、初子さんと“最低2000万円は出す”“1000万円増額できるか検討する”などの合意文書も交わしている。と同時に娘たちは、《お約束》と題し、《今後どんなことがあってもあなたに援助のお願いをしたり、(父の遺産の)配分の要求をいたしません》という書面に署名。

 裁判所はこのやりとりから、初子さんが《自身の今後の生活の維持のためにも、(娘たちへの)援助を最後にするという強い意志を有していたと認められる》《(娘たちからの)更なる無心等、(娘たちにより)初子の財産を減少させられることを警戒していたことがうかがわれる》、つまり、援助を無心してくる娘たちを警戒していたと指摘しているのだ。

 しかし、1年も経たないうちに次女はマレーシアから帰国し、再び初子さんに援助を申し込んできた。

 娘たちのこうした態度に裁判官は、《安易に初子に頼る姿勢がみてとれる》《贅沢に慣れ、金遣いの荒さが抜けない体質がうかがわれる》などと厳しい結論を下した。

 また、初子さんが入院していた間、娘たちは見舞いに行くことはあっても、付き添ったことがないこともわかっている。

 本来ならば、血のつながらない他人より、実の子に遺産を残すのが筋なのだろう。しかし初子さんにとっては、大人になってもなお金の無心をしてくる娘よりも、50年以上にわたって吉岡家に仕えた美津さんを信頼していたのではないか。その気持ちが、“全ての財産を譲る”という遺言につながったと考えるのは不自然なことではない。

「娘側は、初子さんは外出が好きではなかったとか、質素で倹約家だったなどと主張して、もっとあったはずの資産が3000万円しか残っていないのは、美津さんが意のままに資産を“使い込んだ”からだと主張しました。

 しかし、ペナン島から戻った娘が突然同居してきたことに、初子さんは戸惑い、さらなる無心を受け、あげくは資産を奪われるのではないかと不安で、外出もできないと恐れていたことが明らかになった。また、預金口座の入出金記録などから、美津さんが資産を着服しているとは認められないと判断されました」(前出・社会部記者)

 裁判官は、娘たちが《自身らの主張に関する点については相当程度過去の出来事であるはずながら明確に記憶しているかのごとく述べるのに対して、自身の不自然な点等については「記憶がない」などとあいまいな供述を繰り返している》とし、また《自身らが認める範囲以上に、初子から援助を受けていたものと見るのが相当であり、これが(主たる要因とまではいえないものの)初子の財産が減少した一因であると考えられる》と断言した。

 裁判では、娘たちが有効性に疑問を抱いていた遺言書についても、当時の医師の証言や弁護士とのやりとりから、「有効」だと判断された。

《遺産も減少し、初子自身の生活も不安定な状況となりながら、一方では長年にわたり多額の援助をしてきた被告ら(娘たち)が、さらに初子の援助を受けてペナン島に移住してしまい、初子の面倒を見ることを放棄してしまった》

 一方で、美津さんだけは、《初子に常に付き従ってきた》と認め、美津さんへの感謝の念とそれまでの恩に報いる思いは、《本件遺言において実現したものと認めるのが相当》と結論づけたのだ。

 つまり、「介護せず資産のみに執着する実娘と違い、献身的に仕えてきた家政婦に遺産で報おうとする心情は自然」「遺言は不自然ではない」ということなのだろう。

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
家政婦VS実の娘、遺産相続裁判 娘はこうして敗れた【前編】
遺産裁判で実子に勝った家政婦「毎日の生活だけでいっぱい」
日本の対中ODAの総額は6兆円を軽く突破し現在も続いている

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP