体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつもうまくいく人の「感情の整理術」 今すぐできる9つのステップ

いつもうまくいく人の「感情の整理術」 今すぐできる9つのステップ shutterstock_104969942_3 profile_satooka

里岡美津奈/Mitsuna Satooka
人材育成コンサルタント。1986年全日空運輸株式会社(ANA)に入社。在職中、VIP特別機搭乗を務め、皇室、各国元首脳の接遇で高い評価を得る。2010年に退職。現在は人材育成コンサルタントとして、一般企業や病院でコミュニケーションスキルアップの指導にあたっている。

いつの時代も、自信にあふれた人は輝いて見えるもの。でも、そうした人も、決して雲の上の人ではありません。あなたもほんの小さなステップで、そこに辿りつけるのです。
飛び抜けたところのない私がトップCAになれたのは、高いセルフコントロール能力のおかげだと思います。以下に、感情を整理するためのヒントをまとめました。

01.
朝型生活で
ポジティブエネルギーを充電

shutterstock_249062593_2

良好な精神を保つためには、生活サイクルの安定が第一条件。そして、1日の生活サイクルを決めるのは「朝の過ごし方」にかかっています。

私は出社前の時間をないがしろにしないように気をつけていました。手作りスムージーや朝食をゆっくりいただいたり、シャワーを浴びて心身をスッキリさせたり、洗濯した衣類をキレイに干して石けんの香りに包まれたり…。ゆとりをもって生き生きと朝を過ごすと、いろいろな物事がタイミングよく進むようになります。気分もよく、体の調子もいいのですから、うまくいくことが増えて当然だと思いませんか?

朝が弱い人も、心と体に朝のポジティブなエネルギーを注ぐよう、がんばってみましょう。きっとすぐに効果を実感できます。

02.
ゴミを減らして
心の負担をすっきり!

shutterstock_244861522_2

江戸時代、「灑掃(さいそう)」という幼年教育が行われていました。灑掃とは、そうじのこと。リーダー養成のためのトレーニングのひとつとして、そうじを通して子どもに整理整頓能力を身につけさせていたのです。

実際にそうじをしてみると、心にいろいろな変化が訪れます。仕事でイヤなことがあっても、片付けに集中していると余計なことを考えなくなります。混乱してしまう出来事があっても、部屋のものを一つひとつ整理していくと、不思議なことに部屋だけでなく思考までスッキリします。

身のまわりが整うと、思考も整う。そうじをすることで、プラスの循環があなたに訪れます。

03.
クローゼットには
「一軍」の服だけを置く

shutterstock_245308777_2
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会