ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーロラが輝く夜空で踊る「アクロバティックパラグライダー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スペイン人のアクロバティックパラグライダー、オラシオ・ジョレンスは、その光景を目の当たりにして、こう思ったそうです。

「今まで世界中の空を飛んできた。けど、ここは違った。暗くて、寒くて、空が燃えていた」

動画には、吹雪の中に立つ彼の姿が。天候が落ち着くまで待機し、オーロラが輝く幻想的なノルウェー・トロムソの上空に向かって、エンジン付きのパラモーターで飛び立ちました。

マイナス15℃の極寒地で行われた撮影のため、装備は厳重。ウエットスーツやバッテリー式の暖房付きグローブをつけて操縦しました。しかし、「ABC News」によれば、最も辛かったのはズバリ「待つこと」だったようです。

彼はオーロラの光についてこう説明しています。

「シャイな子なんだ。一緒に踊ろうって何回誘ってもその姿を見せない。とてつもなくキレイなくせにさ!」

さらに、空では5年前にパラグライダーの事故で亡くなった従兄弟のことを考えていました。

「星空の中を飛んでいると、彼を思い出す。空の上にいる時はいつも一緒だ」

深夜から早朝4時まで続いたダンスパーティ。ロマンチックで素敵な挑戦になったようですね。

Top Photo by Frode Sandbech/Red Bull Content Pool
Reference:ABC News
Licensed material used with permission by Red Bull

関連記事リンク(外部サイト)

日本体育大学の「集団行動」パフォーマンスが凄すぎる
【特別対談】果たして、ピンチは本当にチャンスなのか? (イチロー×豊田章男)
本田圭佑が子どもたちに語った「夢への3ヶ条」が、大人にも響く

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP