ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飛松陶器 × on the shore、陶器の灯具と老上海家具の競演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年2月20日(土)から3月2日(水)まで、東京・早稲田のon the shoreで「飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai」が開催されます。

本展は、飛松陶器の灯具(ライトウェア)と花器をメインに紹介する展示会。飛松陶器は、作家・飛松弘隆によるブランドで、磁器の泥漿(でいしょう)鋳込み型によって作られるテーブルウェアやライトウェアを中心に制作しています。

今回は、老上海家具(上海のアンティーク家具)をメインに展開しているon the shoreの独特な空間で、新作のランプシェード「odd line#3 / triangle L」や花器が展示されます。

泥漿鋳込みで作られた作品と老上海家具の組み合せは、都内広しと言えどおそらくここだけで展開されるもの。独特のミックス空間で、飛松陶器の新たな表情を感じ取ってみてください。

陶磁器ならではの暖かい光が魅力のランプシェード。光を灯すと割り型によって生じる線と面が浮かび上がってくる「even line”polygon L”」(左)と規則的に入ったラインが立体的な陰影を生み出す「accordion “cone”」(右)。

消灯すると真っ白で美しい焼き締めの磁器が見え、昼間もその姿を楽しむことができます。

型で作ることによって理想的なフォルムを可能にしています。

飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai

会期:2016年2月20日(土)~3月2日(水) 12:00~19:00(日・祝~18:00) ※会期中無休

作家在廊日:2016年2月20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)

会場:on the shore

詳細:http://on-the-shore.com/shop/exhibition2016lightwareoldshanghai.html

Writing:Akiko Okawa

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

Kartell × エミリオ・プッチのコラボレーションチェア、ついに日本上陸
ウルトラ怪獣の皮膚がバッグに!? 表参道で中古おもちゃが生まれ変わったアクセサリー展
アルテック、インテリア小物シリーズ「abcコレクション」のフォトコンテスト開催!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。