ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お部屋の中に庭が!?パリコレでも話題を呼んだ“ラグアート”がスゴい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こちらの写真、男の子が庭に座っている…ように見えますが、実はラグの上に座っているんです!

苔や草、土の感じがリアルなこのラグ、アルゼンチン出身のウールラグアーティスト、Alexandra Kehayoglowさんによるもの。

パリコレにも起用!

Kehayoglowさんのアーティスティックなラグは、「DRIES VAN NOTEN(ドリス・ヴァン・ノッテン)」ウィメンズの2015年春夏パリ・コレクションにも使用されました。

見るからに柔らかそうでノスタルジックな雰囲気あふれる緑のカーペットは、「森の暮らしと自然回帰」というテーマにもぴったりですね。

素材は、Kehayoglowさんの家族がブエノスアイレスで経営するカーペット工場から出たウールの切れ端。

それらをていねいに縫い合わせると…

池や…

ブランコのある庭や

木にも!

質感もリアルで本物かと思ってしまいますよね。

部屋の中にこんなラグがあったら、よりのんびりできそう。

Kehayoglowさんは積極的にインスターレションも行っています。

気になる方はチェックしてみては?

Alexandra Kehayoglow
http://alexkeha.com/

Instagram (Alexandra Kehayoglow)
https://www.instagram.com/alexkeha/

・インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP