ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもの歯並びが気になる…歯科矯正を始めるなら、何歳からがいいの?

  • ガジェット通信を≫

子どもの歯並びが気になる…歯科矯正を始めるなら、何歳からがいいの?
お子さんの歯並び、気になりませんか?「乳歯だからまだいいかな」と思っているうちに、あっという間に歯の生え変わりの年頃がきます。

「まだ早すぎる?それとも始めるなら早いほうがいいの?」と、いろいろ迷う親御さんも多いでしょう。今回は子どもの歯科矯正について、詳しい話を歯科医師に聞いてきました!

子供の歯科矯正には適齢期があった!

子供から大人になる過程で、個人差は大きいですが、小学校1年生から4年生にかけて前歯の方から乳歯が抜けて永久歯に生え変わっていきます。また、骨の土台となるあごの骨も徐々に成長していきます。この生え変わりや骨の成長をうまく利用することで、きれいな歯並びを目指すことができるのが子供の歯科矯正の特徴です。

そのため、生え変わりの時期、またはその少し前から治療を開始するのがよいでしょう。そして、永久歯が生えそろった後に、必要に応じて改めて治療を行う場合があります。

子どもには、どんな治療をするの?

1. 歯があごにはまりきらずに歯列が乱れる場合

大人の歯科矯正ではあごの骨の成長は期待できないため、一部の歯を抜いて、残った歯をきれいに並べるように矯正を行います。しかし子供なら、あごの骨の成長を促すことができます。具体的には夜間にマウスピースやマスクをつけたり、ワイヤーやプレートなどを利用します。

2. 舌の位置が偏っていたり、無意識のうちに歯を押してしまっている場合

口腔筋のトレーニングや舌の運動などを行う場合もあります。

小児矯正のメリット・デメリット

【メリット】

大人と異なりあごの骨の成長を整えて矯正を行うことができるので、きれいに仕上がり、歯を抜かずに済む、という点が大きなメリットです。

【デメリット】

あごの成長に合わせて行うので時間がかかる、一時的に歯並びがより悪くなったり、矯正具のせいで虫歯ができやすくなる、などのデメリットもあります。

何歳で歯医者に行ったほうがいいの?

3歳以前ではなかなか指示に従ったり、マウスピースを付けることが難しいでしょうから、一般的には早くて3歳くらい、できれば小学校に上がる時までに一度専門医に診てもらうのがおすすめです。

そのうえでどの時期に矯正を行っていくのか、あるいは癖を直すだけで様子をみることができるのかを診察してもらいましょう。すでに小学校に入学済みのお子さんでも、できるだけ早く診察を受けることで、よりきれいに、歯を抜かないで治療できる可能性が高まります。気になったら、早めに一度診察に連れて行きましょう!

どんな医院がいいの?

矯正を専門で行うクリニックもあります。また、普段のお子さんが歯科検診や虫歯治療などで通っている歯科クリニックでも、矯正を行っていたり、決まった曜日だけ矯正に詳しい先生が来ている場合もあります。

そのほか、いずれにせよ、本格的な矯正を開始する前にカウンセリングを行って、治療方針や予想される期間・金額などを比較検討するとよいでしょう。

医師からのアドバイス

いざ治療を開始するとなると、長期にわたってお世話になることになります。できれば複数のクリニックを比較し、しっかり納得できるところで治療を開始しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

子どもの空きっ歯には意味がある!早めのチェックで歯並びを綺麗に。
《歯科医師伝授》差し歯が取れたっ!差し歯応急処置3つのSTEP
“恐怖の記憶”にしないために…子どもの歯医者選び3つのポイント!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。