体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋や県外からも集客する「イオンモール常滑」の魅力

りんくう常滑駅の目の前に位置する「イオンモール常滑」

1000年の歴史を持つ焼き物「常滑焼」の産地である愛知県常滑市。伝統的な文化や街の景観が残る一方で、中部国際空港セントレアを擁する、中部圏の空の玄関口でもある。2013年にコストコ中部空港倉庫店ができて話題を呼んだこの地に、新たな変化が。2015年12月、東海エリア最大級のイオンモールがオープンした。
インバウンドを意識した「和のおもてなし」

愛知県西部、知多半島西岸の中央部に位置する常滑市。焼き物の街であり、西側が伊勢湾に面した海の街でもある。中部国際空港セントレアの対岸部にあるりんくう地区に、「イオンモール常滑」がオープンした。名古屋からは、車でも電車でも最短で約45分という距離。名古屋市内でイオンモールのある区に住む、イオンモール好きの筆者が取材に出かけた。

海風が吹く、名鉄空港線「りんくう常滑駅」に降り立つと、「イオンモール常滑」は駅の目の前。駐車場も約4200台あり、車で訪れても安心だ。敷地面積は約20万2000m2と東海エリア最大級。中部国際空港セントレアまで無料シャトルバスが発着し、インバウンドにも力を入れる。

【画像1】空へ向かう紙飛行機をイメージしたシンボルが南側屋上に設置されている(写真撮影:倉畑桐子)

【画像1】空へ向かう紙飛行機をイメージしたシンボルが南側屋上に設置されている(写真撮影:倉畑桐子)

【画像2】大提灯がぶら下がる「常滑のれん街」の入り口は、大型バスの発着所からすぐ(写真撮影:倉畑桐子)

【画像2】大提灯がぶら下がる「常滑のれん街」の入り口は、大型バスの発着所からすぐ(写真撮影:倉畑桐子)

店内には免税カウンターがあり、訪日客が好む家電や化粧品をそろえた売り場「よいひ ばんらい」や、「日本逸品屋 ぽんのぴん」があるなど特徴的だ。日本酒の「MORITA」や「お茶の寿園」といった、常滑を代表するテナントも出店している。また、フロア内は英語や中国語、韓国語に堪能なアテンダーが巡回。「和のおもてなし」の笑顔で、国内外の来客をアテンドする。屋内外に常滑焼の作品の展示があり、地元色たっぷりなのも楽しい。常滑が日本一の招き猫の産地であることにちなみ、「招き猫ストリート」には高さ約7mの巨大招き猫「おたふく」が鎮座する。撮影や待ち合わせスポットとして人気だそうだ。

【画像3】「イオンモール常滑」営業担当の武内里江さん&世界最大級の招き猫「おたふく」。武内さんは常滑生まれの常滑育ち(写真撮影:倉畑桐子)

【画像3】「イオンモール常滑」営業担当の武内里江さん&世界最大級の招き猫「おたふく」。武内さんは常滑生まれの常滑育ち(写真撮影:倉畑桐子)

【画像4】館内のあちこちに焼き物を配したインテリアは、郷土色満点(写真撮影:倉畑桐子)

【画像4】館内のあちこちに焼き物を配したインテリアは、郷土色満点(写真撮影:倉畑桐子)

【画像5】屋内から外まで続く「招き猫ストリート」の猫たち。好みの1匹が見つかるはず(写真撮影:倉畑桐子)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。