ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普通に飲むだけじゃつまらない! 沖縄現役お笑い芸人が経営する山積みのドラム缶が目印のお店。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんお笑いはお好きですか?

お笑いが好きすぎて、家で飲む時はもっぱらお笑い番組を見ながら晩酌……という人も多いのではないでしょうか。そんな人に必見! 沖縄国際通りからすぐ近くに、なんと現役お笑い芸人が営む「バル」が存在するらしいのです!

「お笑い芸人が経営する、ドラム缶山積みのお店があるよ。」そんな好奇心を掻き立てるフレーズでお店を紹介されたのは初めてです。気になります。ということで、ドラム缶山積みのワイルドな外観をめがけ、「うちなーバルドラドラ」に行ってきました!

国際通りすぐ近くに存在する「うちなーバルドラドラ」。観光客や地元民が行きかう、沖縄最大級の観光ストリート「国際通り」。

この通りを歩いていくと、左側に「HAPINAHA」という建物があり、そこも越えて行きます。「HAPINAHA」を越えてマックを越えた所を右に曲がり、

1つ目の四叉路を左に曲がって、まっすぐ行くと……

想像してたよりガチだった! ドラム缶山積みのお店「うちなーバルドラドラ」

ありました。到着した感すごいです。めっちゃ目立ってます。完全にガチのドラム缶です。

お得なお知らせがでかでかとあるので、近づいてみました。

何と18:00~20:00はお酒がとってもお得に飲めるそう。ALL190円って安すぎじゃないですか……?酒好きにはたまりません。

そして入り口のメニューにはこんなお茶目な黒板が。

入り口の時点であらゆるこだわりや、サービスを感じます。

「おかえり」って嬉しい。「家で飲んでるみたいって言われる」って安心。これはひとりでも気軽に来れてしまうお店だな。と、確信している所で、オーナーであり現役お笑い芸人の東江さん登場。

カメラを向けた瞬間ポーズをとってくれるサービス精神はさすがお笑い芸人! 最初から1笑い頂きありがとうございます!

そして店内へ。

入ってすぐ左側に、たくさんのお店のチラシや、お笑いライブのフライヤーがドラム缶の上に並べられていました。

観光客の人は、1日目にここに来れば、次の日のお店選びに困ることはなさそう。

シーサーの笑顔に癒されちゃいます。

右側を見ると、何ともワイルドな感じ。

テーブル席もやはりワイルドで、なんとドラム缶のテーブル席までありました。

黒板メニューや、ワイルドな内観に、入った瞬間から好奇心が掻き立てられるお店。

とりあえず落ち着かねばと、カウンターに座りオリオンビールを注文。オーナーがビールを注いでくれているほんの数秒間に、隣の常連さんが気軽に話しかけてくださり、宮古島のお土産をおすそ分けしてくれました。

なんてあったかい、居心地のいい店なんだろう、と思っているとビール到着。

ビールがめっちゃ冷えてる!!!

オリオンサザンスター:390円

びっくりするくらいギンギンに冷えてます。ビール好きの気持ちを分かってらっしゃる!!!

「良ければ何か飲んでください!」と東江さんに言うと、すかさず「いいんですか?♩」と超笑顔。そして声がとっても大きい! そして東江さんもビールを注ぎ、乾杯!!

しぐさや言葉に豪快さとワイルドさが溢れ、元気いっぱいな東江さん。早速気になっていたことを聞いてみました。

──なんでドラム缶を山積みにしたんですか?

東江さん「とにかく目立つ外観にしたかったんだよね。最初はバスを丸ごと置きたかったんだけど、バスが高すぎてドラム缶にしたわけ(笑)店の名前もドラム缶からつけたんだよ」

──(バスが丸ごと置かれているお店を想像して爆笑)このドラム缶、台風とか来た時大丈夫なんですか?

東江さん「めっちゃしっかり設計してるから台風は大丈夫なんだけど、たまにドラム缶にガムとかつけられてる時があるから、それはめっちゃ困る! (笑)」

皆さん、「うちなーバルドラドラ」に訪れた際は、決してガムをドラム缶につけないでくださいね!!

と会話の途中で、注文した「こだわりソーセージと自家製チリビーンズ」と「自家製山盛りジャーク手羽」が登場。

最強のコストパフォーマンスを誇る絶品の料理たち。

こだわりソーセージと自家製チリビーンズ:550円

自家製山盛りジャーク手羽:500円

こんなに山盛りで500円は安い! 原価ギリギリなんだそう。絶妙なスパイス加減と、肉々しいジャーク手羽にビールが進みます。このジャーク手羽とギンギンに冷えたビールを皆が味わえば、日本はもっと平和になるんじゃないかなぁとさえ思いました。

そして、食欲に火が付いた私。ジャーク手羽にやられ、完全に食のスイッチが入ってしまったので、沖縄っぽいものを食べたい! と、「ゴーヤチャンプルー」と、気になった「メキシカンタコスピッツア」を注文。

ゴーヤチャンプルー:600円

メキシカンタコスピッツア:800円

タコスピッツァが、チーズトロトロでタコスとピッツァのコラボレーションがクセになりそう。具もこれでもか! と山盛りです。

まだまだ色々食べたい衝動に駆られた私は、仲良くなったカウンターのお客さんにも食べるのを手伝ってもらいながら、「本日の浅漬け」と「有頭海老のアヒージョ」も注文。

本日の浅漬け:300円

有頭海老のアヒージョ(バケット付):600円

バケットが美味しそうすぎて、海老を食べる前にバケットをアヒージョにダイブ!!

これがアヒージョの醍醐味です。

外はカリッと、中はもちふわなバケットは絶品でした。もちろん海老も美味しかった!

なんでこんなに料理が美味しいのか尋ねてみると、実は東江さん、元々は某ホテルで仕事をしていたそう。どうりで、ワイルドで元気な人柄だけど、接客や話し方は丁寧なわけだ! と納得。

この日は途中からとても忙しくなってきたにも関わらず、東江さんは終始ビールを注ぐ合間にも、カウンター越しに色んなお客さんに気配りをしたり話しかけたりと、人柄の良さが伺えました。

「ドラドラには個室がないから、ひとつの空間をスタッフ・お客様で楽しく笑いながら話せるお店を目指しているんです。楽しい・美味しい・かわいいがウリなんですよ」と語る東江さん。

「沖縄の人は優しい」と、県外の人は言いますが、観光客が溢れる沖縄という地で、二度と会わないかもしれない人に毎回優しくするのは大変なことだと思います。

観光客の中には、「旅の恥はかき捨て」と、羽目を外しすぎる人も多く、外の人間は嫌いだという沖縄県民も存在するのが実際のところ。

そんな環境で、誰に対しても偏見を持たず、平等で温厚なオーナーの包容力に惹かれて通うお客さんは多いよう。東江さんに悩みを相談しに来るお客さんや男女問わず元気をもらいに来るひとりのお客さんも多いんだよと、カウンターで仲良くなった方が教えてくれました。

この日もカウンターは満席。ふたりのお客さんでも、東江さんと話がしたくて率先してカウンターに座りたがります。SNSへの投稿用にと、東江さんを撮影したいというお客さんにも笑顔でカメラ目線。

去年の6月にオープンしているにも関わらず、この日も1年ぶりに来たという観光客の団体さんが来られていましたが、「このお店をめがけてきました!」と目を輝かせていました。ドラム缶が見えた瞬間、ここだってすぐに分かったそうです。

その団体さんが帰る時も、「また来てね」と温かい言葉で見送っていた東江さん。その人柄が人を集めるんだなあと納得。

「ちなみにお笑い活動はどんな感じでやってるんですか?」と質問すると、実は東江さん、お笑い芸人として「テンション東江(あがりえ)」という芸名で芸人活動を行いながら、なんと芸人のプロダクションを自ら運営しているそう。

どうりで、芸人募集の張り紙がいたるところにあるわけだ。

フロンティアエンターテイメントという事務所を構え、毎月「笑しべ長者」というお笑いライブを開催しているそう。

現役の芸人さんもこの店にはよく訪れるそうなので、もしかしたらお笑い芸人にあえちゃうかも?!

いかがでしたでしょうか?色んなワクワクと楽しさと、元気を与えてくれる「うちなーバルドラドラ」。

オーナーの東江さんの人柄と、美味しいお酒をリーズナブルに楽しめるお店です。

お笑い好きも、そうでない方も、観光客でも地元客でも、たくさんの方が笑って、食べて、飲んで、とことんまで楽しめちゃう、そんなお店でした。

本当に家で飲んでるような気分になれるので、家族連れの方なんかも楽しめるかもしれませんね。

ちなみに、目の前にはセントラルホテルがあるので、セントラルホテルに宿泊する予定のある方は、締めに1杯立ち寄るのもいいかも。

お店情報

うちなーバルドラドラ

住所:〒900-0013沖縄県那覇市牧志2-13-14比嘉アパート1F

電話番号:098-989-8741

営業時間:月~木・日18:00~翌1:00(LO・12:00) / 金・土・祝前日18:00~翌3:00(LO・2:00)

定休日:月曜日


書いた人:

三田優実

お腹が減る感覚が一番嫌いで、「腹が減っては戦はできぬ」という言葉を作った人は天才だと思っている。回転寿しで36皿食べたことが武勇伝。ちなみに普段はカップラーメンで生きています。 Twitter:@yumi_Mita 公式サイト:色んな場所で色んなことを考えてみるブログ

関連記事リンク(外部サイト)

おばあちゃんの家を訪ねるような気分……。心も体も癒される「古民家Cafe茶ぁーやー」

メシ通
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP