ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子ども大好き!幼児関連の資格6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもと触れ合うのが大好きな方にうってつけ、幼児に関わるための資格をご紹介します。大変なことも多くありますが、無邪気な子どもと触れ合う毎日はあなたの若さを保ち、やわらかい発想をする秘訣になるかもしれませんよ?子どもから笑顔というたくさんの宝物をもらいましょう。

子どもと接する資格あれこれ


保育士

保育士は、一般に保育所などの児童福祉施設において子どもの保育を行う国家資格です。待機児童の増加が社会問題化している地域もある中で保育所の新設も進んでおり、保育士の人材に対する需要は高まる傾向にあります。指定保育士養成施設で過程を修了するか、保育士試験に合格することで資格を得ることができます。

●幼稚園教諭

児童福祉施設とされている保育所に対し、幼稚園は幼児の健やかな成長のために適した環境でその心身の発達を促すための学校です。そこで働く幼稚園教諭とは、学校教育法に基づいて教育を行う教員になります。幼稚園教諭になるためには、免許を取得できる教職課程のある学校を修了するか、保育士資格を取得し3年以上の実務経験を積み、幼稚園教員資格認定試験を受ける必要がありますので、これから学ぼうとする社会人の方はまず保育士の資格を目指すことになります。

●ベビーシッター

べビーシッターには国家資格が存在しないため、誰でもベビーシッターを名乗ることができます。民間資格としては、保育に関する知識と技術について一定の要件を満たす「認定ベビーシッター」資格を公益社団法人全国保育サービス協会が認定していますので、こちらの研修と実務を通じて資格を取ることをオススメします。資格を取得し自信をもってベビーシッター業務を行いましょう。

子育て中の親をサポートする資格


●育児セラピスト

育児セラピストとは、乳幼児期に大切な心を育てるあり方を指南できる「育児のスペシャリスト」としての資格です。育児に悩む親を的確なアドバイスでサポートすることで、子どもの情緒が安定してのびのびと成長することを助けます。育児セラピストには入門編である2級と上級資格の1級がありますので、養成講座の受講を通じてまずは2級を取得するところから始めてみましょう。

●ベビーヨガインストラクター

ベビーヨガとは、赤ちゃんと一緒にヨガをすることで、言葉は通じなくても信頼関係を深めていくことを目的としたスキンシップです。筋肉を刺激して運動機能を向上させたり、情緒を安定的に発達させたりする効果が期待できるのが特徴です。こうしたベビーヨガを指導できる資格が、ベビーヨガインストラクター。資格を活かして仕事をすることはもちろん、ご自身のお子さんのために取得をされる方も多いようです。

●子育て心理カウンセラー

子育て心理カウンセラーとは、悩みの尽きない子育て中の母親たちに対して、適切な子育てに関する知識とスキルを伝えるスペシャリストとしての資格です。どんな些細なことでも相談できる安心感を持ってもらうことで、母子ともに健やかな毎日を送るための手助けを行います。

こころとからだの健やかな成長に関われる資格!喜びと責任を感じよう。

幼児期の体験や環境は、その後の成長に大きな影響を及ぼすと言われています。そんな重要な時期に関与できる喜びと大きな責任感の伴う仕事を目指して、まずは資格取得に向けて動き出してみませんか?育児関連の仕事は、年齢に関わらず長く続けることが可能な誇りある仕事です。また、子育てをしていたら、子供を育てるのが好きになり、これを仕事にしたいと思う未経験者の方もいますよね。資格をとれば就職のチャンスはあるので、是非がんばってみてください!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP