体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“料理の取り分け”はモテテクではない!? 6割超の男性が「取り分け不要」と回答

生活・趣味
“料理の取り分け”はモテテクではない!? 6割超の男性が「取り分け不要」と回答 toriwake_top

飲み会の席で甲斐甲斐しく女性が料理を取り分ける姿をみることが多々あるが、この取り分けを「嬉しい」と感じる男性がいる一方で、「気を使われたくない」と拒絶する男性がいるのも事実。

そこで飲み会での女性の“料理の取り分け”について、20~30代の男性1000人を対象に調査を実施した。

実は取り分けてくれなくてもいい男性心理

toriwake_01

出典:ホンネスト編集部実施調査(2016年2月)

調査の結果、「女性に料理の取り分けをして欲しい」と回答したのは全体で36.9%。実に6割以上の男性が「取り分けしなくてもいい」と思っていることが判明した。

主な理由が「どっちでもいい」といった、そっけないもので、女性が取り分けなければ、「自分でやる」といった回答が多く見受けられた。

20代より30代の方が“取り分け”を拒む

toriwake_02

出典:ホンネスト編集部実施調査(2016年2月)

そして20代と30代の男性では年代別の違いが顕著に表れた。

20代男性は、「取り分けて欲しい」と回答したのが40.2%で、その理由も「家庭的な優しさを感じる」「気配りが嬉しい」といった回答が多かった。

逆に30代男性になると「取り分けて欲しい」と回答したのは33.6%で、20代と同様の回答とともに「どちらでもいいが、してもらった方が嬉しい」といったように“やらないよりはやってくれたほうがいい”という消去法的な意見が多かった。

そして、年代を通して多かった取り分け反対派の意見は一様に「気を使う」「(男性が)やらせている感がある」といったもので、多くの男性たちは女性の取り分けに引け目を感じてしまうようだ。

しかも、さらに30代男性になると「そもそも自分でやれる」「自分の好きなようにしたい」「自分のペースがある」といったように“自分”というキーワードが多く見受けられ、中には「自分の食べたい量を食べたい時に食べる」といった身も蓋もない意見もあった。

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会