体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男が「頑張っているので女子にほめて欲しい」と思う3つの努力

生活・趣味
男が「頑張っているので女子にほめて欲しい」と思う3つの努力 Young couple visiting Potsdamer Platz in Berlin.

雑誌やテレビに出られるほどのビジュアルは持ち得ていませんが、好きな人のために男だって一応はそれ相応の努力をしているのです。

そして、女性の皆さまも「頑張っているんだからほめて欲しい」と思うのと同じ様に、男だって頑張っていればほめて欲しいのです。

むしろ、男はほめてもらってこそ伸びる生き物だと自認しているのですが、先日いつものように男だらけで飲んでいたところ、「俺たちだってほめてもらえるぐらい頑張っている!」といった話に。

そこで、今回は飲み仲間の男4人が「頑張っているので女子にほめて欲しい」と思った3つの努力について、男性特有の目線と独断と偏見で話し合った結果をお伝えします。

聞き役に徹したとき

ホンネスト

男も一応は知っています。「聞き上手で、ほめ上手」な男が女性に喜ばれることを…。ですが、本来男というのはそうしたことが苦手な生物なのです。

逆に言えば「聞き上手で、ほめ上手」な男子がいたら、それは女性から好印象を受けたいがために努力していると思っていただいて結構でしょう。

そもそも論ですが、男は女性の話の3割も理解していません

ですので、女性が「話を聞いてくれた」と思った時、男はかなり努力をしているのです。

なので、そう感じていただけた時は、あくまでもさりげなくですが「今日は話を聞いてくれてありがとう」と言ってやってください。

その一言が男たちのモチベーションを3日くらいは高めてくれます。

清潔感を演出したとき

ホンネスト

「スーツは大人の体操着」と言う言葉があるように、基本的に男というものは汚いと思ってください。

シャツや下着はもちろん、靴下だって洗濯洗剤のCMのようにドロだらけなんです。

だから、女性が「清潔感がある人が好き」ということを知っていても、これを維持し、継続するのは本当に大変なことなのです。

世間体やら女性の視線が怖いのでやりませんが、男は朝いつも思っています。「昨日着てた洋服を今日も着られたらどんなにラクだろうか…」と。

ですから男の清潔感は、自然と出るようなものではなく“出そうと思って出している”のです。つまり人知れず努力をしているワケなのです。

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会