ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安い、うまい、早いの三拍子揃った「缶詰を肴に飲める店」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本人の誰もが愛してやまない缶詰だが、実は大人の酒の肴としても実は最適だ。缶詰博士・黒川勇人氏“缶修”のもと、「安い」「うまい」「早い」の三拍子揃ったお店を紹介しよう。会社帰りにフラリと寄りたくなるお店ばかりだ。

“銀座でハイボール”といえば、「ロックフィッシュ」(中央区銀座)。ダブル、氷なしのスタイルで、キンキンに冷えた名物はさすがの味わい。ひとりで飲みに来る客も多く、肩肘の張らない落ち着いた店を目指しているという。

「ノザキのコンビーフ」を使用したスコッチエッグは、日本ではここでしか食べられない。店主の間口さんは、缶つまレシピ本の著者でもあり、国分の缶詰『缶つま匠』も監修したスペシャリストだ。

「ミスターカンソ」(文京区湯島)は全国40軒以上ある缶詰バーのフランチャイズ。御茶ノ水店のオーナーは会社を早期退職し、2年前から店を始めた。コンセプトは日本一の缶詰博物館。本店と別ルートで海外買い付けし、自らソムリエと名乗る。

 中でも、オリジナルのだし巻きたまごは一番人気。ほかにも、たこやきや麻婆豆腐など全450種をそろえる。つまみに合わせた100種類以上のお酒も自慢のメニューだ。

 鉄道好きの終着駅「キハ」(中央区日本橋)は人形町に店を構える。忙しいサラリーマンに旅行気分を味わってほしいと、カップ酒は500円区間、ツマミは300円区間からと廉価。2階には列車を模した席があり、貸し切りにすることもできる。

 助役・二上さんのオススメはオイルサーディンタルチーズ焼き。日替わりでカウンターには女のコの車掌が入ることもあり、男性客に人気だという。

※週刊ポスト2016年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
だし巻きから松阪牛まで「高級缶詰でプチ贅沢」が流行る事情
4000~1万3000円の高級缶詰 たらばがに、さざえなどS級の味
表参道で大人気の台湾かき氷 マンゴーかき氷は1杯1500円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。