ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清原逮捕で元妻と2人の子は逃避行 学校にも行けない状況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 濃紺のユニフォームに身を包んだ少年たちが、グラウンドで声を上げている。「お願いしま~す!」。コーチのノックした打球に内野手が食らいつく。うまくキャッチできた子、トンネルしてしまう子、レベルはさまざまだが、みな懸命に白球を追いかけている。「ナイスキャッチ!」、「ドンマイドンマイ!」。わが子を見守る母親の声援が青空に響きわたる。2月7日の昼下がり、都内のグラウンドで行われていた少年野球の練習風景は、どこにでもある穏やかな週末の一コマに見えた。しかし──。

「口には出しませんが、子供たちも“異変”を感じていたと思います。チームの主砲といわれている少年と、お母さんが来なかったんです。彼女は毎週必ず息子さんの応援に来る熱心な人でしたから…」(母親の一人)

 練習を休んだこの母子は、清原亜希(46才)と次男(10才)だった。元夫・清原和博(48才)の覚せい剤逮捕から1週間。亜希の動揺はなお深く、子供を連れた逃避行が続いている。

「自宅には一切帰っていません。息子さんも学校を休まざるを得ない状況だそうです。実家のご両親も亡くなっているし、知人の所に身を寄せているという話ですが…」(亜希の知人)

 清原容疑者が覚せい剤取締法違反で逮捕されたのは、2月2日夜11時のこと。捜査員が港区の自宅マンションに踏み込んだ際、清原容疑者は注射器とストローを左手に持っていたという。

 報道陣は亜希のコメントを求めて自宅マンションに殺到したが、前述の通り、彼女は逮捕の一報を受けてすぐに子供を連れて自宅を出た。

 逮捕から3日後の2月5日、亜希は所属事務所を通じてコメントを出した。元夫の逮捕で多くの人々に迷惑をかけたことを謝罪した上、心境をこう綴った。

《今、私にできることは多くありませんが、まずは親として、大切な子供たちを守ることが一番の責任だと思っております》

 亜希の自宅マンション前の塀には、野球のボール跡が無数にある。近隣住民がその痕跡を見ながらつぶやく。

「亜希さんの息子2人がよく壁野球をしていたんです。彼らをそっと見守る亜希さんの優しい表情が忘れられません。子供にとっては別れても父親ですから、清原さんの背中に憧れて野球の道に進むのは自然なこと。今回の事件は何よりも子供たちのショックが大きいでしょうね…」

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
妻が出て行き清原和博邸がゴミ屋敷化 銀座ママ宅に入り浸り
清原亜希 「子供達のため」から「子供達守るため」離婚決断
清原亜希に試練 「清原」という名前に雑誌スポンサー難色か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP