ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肉体改造で変身の生島ヒロシ氏 炭水化物カットの食生活継続

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「若さの違い」は、実は食生活によるところが大きい。昨夏、スポーツジム「ライザップ」のCMで引き締まった肉体への大変身を披露したフリーアナウンサーの生島ヒロシ氏(65)も年齢よりもずっと若く見える。

「理想体重は63kgですが、今は61kgまで絞りました」

 どんな食生活を営んでいるのか。

「ライザップでの2か月のトレーニング中は、炭水化物をほとんどカットしました。大好きだったスイーツ、さつまいもやかぼちゃなど糖質の多い食材もストップ。夕食は肉と魚と野菜で、昼に魚を食べたら夜は肉、昼が肉だったら夜は魚にしていました」(生島氏)

 今でもその食生活を継続しているという。

「朝は5時からラジオの生放送をやっているので、3時半頃に起きて、プロテインやヨーグルト、牛乳、フルーツなどの朝食を摂ります」

 昼食は12時から13時の間で、雑穀米を茶碗に7分目程度。空腹を感じたら間食にゆで卵やミックスナッツを食べるという。

「夕食は早めに食べて、寝る3~4時間前は何もお腹に入れないようにしています。そうすると朝起きた時にお腹も空いているし、体も軽いんです」(生島氏)

『老けない人は何を食べているのか』(青春出版社刊)の著者で、日本抗加齢医学会指導士の森由香子氏によると、この生活習慣はアンチエイジングには理想的だという。

「朝起きた時に空腹というのは、生体リズムにあった食習慣をしている証拠で、当然、若返り効果も高い。夜遅い食事は胃腸に負担がかかり、吹き出物や肌のカサツキなどの原因になるうえ、太りやすくなる」

 肉や魚など、タンパク質をしっかり食べているのも肌を健康に保つうえで効果的だ。生島氏が好んで食べるのは「しゃぶしゃぶ」。

「肉の脂にはコレステロールを増加させる飽和脂肪酸が含まれていますから、しゃぶしゃぶで脂を落とすのはいいですね」(森氏)

 もうひとつの好物は夫人が作るカレー。調理にこんな工夫が施されている。

「野菜はゴロゴロと大きいものではなく、すべてみじん切り。炭水化物の多い根菜は使わず、セロリの葉とキノコ類をたくさん入れて、赤パプリカとブロッコリーを添える。盛りつけた後、さらに生のニンニクをすり下ろしています」(生島氏)

 森氏によれば、これらの具材や切り方も理に適っているという。

「タマネギやニンニクなどをみじん切りやすり下ろしにすると、細胞が空気に触れる面が増え、抗酸化物質がいっそう増える。赤パプリカ、ブロッコリーにも抗酸化ビタミンであるA、C、Eが揃っているので、見事なアンチエイジング効果を期待できます」

 ハリや潤いを保つコラーゲンを作るには、肉や魚、乳製品、ブロッコリー、赤ピーマン、イチゴやグレープフルーツなどを、毎日バランスよく摂ることが大切だ。

「美肌のために鶏手羽、豚足、砂肝、牛スジなど、コラーゲンの豊富な食材をたくさん食べる人もいますが、コラーゲンは食べ物として体に入ると一度アミノ酸に分解されるため、そのまま肌に届くわけではありません。

 むしろコラーゲンたっぷりの食材は脂質やコレステロール、カロリーの多いものばかりなので、食べすぎると太ってしまいます」(森氏)

 生島氏のようなバランスのいい食生活を心がけたい。

※週刊ポスト2016年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
堂島スウィーツ共同開発「くいだおれ太郎プリン」が大人気
グルコサミン&コラーゲンサプリ 富士フイルムが開発の理由
こんにゃく+三つ葉、豆腐+春菊、トマト+牛肉で美肌効果

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP