ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恵俊彰 『ひるおび!』開始時に島田紳助から受けた助言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いまや司会者や役者としてすっかり定着した恵俊彰(51)。昨年末まで放映されていたドラマ『下町ロケット』(TBS系)では、敏腕弁護士の神谷を演じ、はまり役として話題を呼んだ。7年前にスタートした当初、2%そこそこだった『ひるおび!』(TBS系)の視聴率も、現在は同時間帯トップを維持している。だが、そもそもは石塚英彦との漫才コンビ「ホンジャマカ」で知られる芸人である。

 2人の曲がり角となったのは、レギュラー番組『大石恵三』(フジテレビ系)が1993年に2クールで終了したときのこと。恵は当時、「コンビこそ解散しないけど、個人にくる仕事はどんどん優先していこうと2人で決めたんです」という。

 ピンでも動き始めた恵と石塚は、やがてそれぞれの居場所を得て、活躍し始める。恵は『王様のブランチ』『COUNT DOWN TV』『J-SPORTS』(いずれもTBS系)などの司会業で頭角を現わし、2001年からは現在16年目を迎えた『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)を担当する。

 そして2009年に『ひるおび!』の司会者に起用されてからは、一気に司会者恵俊彰は茶の間に浸透していく。もっとも『ひるおび!』を引き受けた当初、恵にはまるで自信がなかった。というのも、裏にはタモリの『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が国民的番組として長きにわたって鎮座していたからだ。

 番組をスタートさせるにあたって、恵は、芸人から司会者へと転じた先輩である島田紳助からこう諭された。

「最下位の球団の監督をやるんやから、勝てるわけはない。FAで誰かをとってこられるわけでもないし。少なくとも1年やれば、視聴率をとることの難しさや、負けることを勉強できる。やるだけやってみればええ」

 恵は覚悟を決めて引き受けた。

「やっぱり生放送の情報番組ということに魅力を感じたんですね。とにかく、いま起きているニュースと徹底的に向き合うつもりでした。自分も40歳を迎えて子供もいるし、社会性のあることにチャレンジしてみたかった面もある。もちろん当初は『司会のくせにそんなことも知らないのか』という視聴者からのご批判も多かった。でも、自分の中ではバラエティ番組と真逆の真面目さで臨もう、やるだけやってやろう、と腹をくくっていた」

『ひるおび!』は、ニュースや話題に合わせて各分野の専門家を招き、徹底的にひとつのテーマを掘り下げるスタイルで進行していく。恵の司会の妙は、自身もいうとおり、ゲストたちの回しっぷりにある。芸人ならではの間のとり方と笑いのはさみ方が絶妙で、視聴者はそこに安心感を覚えるのだ。難解なテーマであっても視聴者の目線の高さに持ってくる力、それが恵の芸だ。

 生番組の前後には「前説、後説」と称される、スタジオ観覧者を和ませる時間帯がある。恵はここでもレギュラー出演者の八代英輝弁護士らと丁々発止やり合い、観覧者の心を掴み離さない。オンエアこそされないが、こうした場面でも決して手を抜かない。

「ありきたりですけど、汗をかくとか、手を抜かないとか、そういうことがきちんとやれているかどうかが気になるんです。父から『謙虚であれ。勢いだけでやっていると大怪我するぞ』といわれたことが身体のどこかに染みついているんですね」

◆めぐみ・としあき/1964年、鹿児島県生まれ。1988年に11人で「ホンジャマカ」を結成し、その後、石塚英彦とお笑いコンビに。昼の情報番組『ひるおび!』(TBS系)や『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)にレギュラー出演し、タレント、司会、俳優と幅広く活動中。

■取材・文/一志治夫 撮影/中庭愉生


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
恵俊彰 結成25年のホンジャマカへの思いを語る
TBS『ひるおび』絶好調 『徹子の部屋』時間帯移動の影響も
清原和博の3匹の龍の入れ墨 父子の絆を意味すると知人

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP