ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android端末をより安全に利用するためにユーザーが行うべき4つのTipsを紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が毎年 2 月のネットセキュリティ啓蒙月間「Safer Internet Day」の取り組みとしてAndroid 端末をより安全に使用するためにユーザーが行うべき 4 つの簡単な Tips を紹介しています。1. 安全なアプリを探すには Google Play を使用しましょう。Google Play では、ユーザーがアプリをインストールする前に様々な手法を用いて開発者よりアップロードされたアプリをチェックし、ポリシー違反などの不正が発覚すれば必要な措置を取り、安全性を高めています。簡単に言えば、野良アプリのサイドローディングや安全性の不明確なアプリストアは利用すべきではないということです。2. 画面ロックに認証をかけ、Android デバイスマネージャーが機能するようにしておきましょう。これは、万が一、端末が盗難・紛失した場合の対処措置です。Android デバイスマネージャーは時々、機能が無効になっている場合もあるので、定期的に機能するかどうかを確認することを推奨しています。3. 端末が暗号化されているのかを確認しましょう。これは、万が一、端末のデータが外部に漏れてしまっても、プライバシーなデータが流出しないようにすることです。「ストレージ」→「端末の暗号化」が「有効」になっていることを確認します。4. アプリのアクセス権限を確認しましょう。Android アプリは機能を実現するために、アプリ毎に異なるアクセス権限を持っています。アクセス権限は「アプリ」のセクションで確認できます。例えば、シンプルなゲームアプリなのに不要と思われる SMS へのアクセス権限を持っている場合、不正に SMS を送信して課金させようとすることを防止します。Source : Google

■関連記事
Lenovo、5,000mAhバッテリーを積んだ「Vibe P1 Turbo」を発表
HTC One A9でZoeショットが利用可能に
MotorolaがMoto 360(1st Gen)のAndroid Wear 1.4(Android 6.0.1)アップデートを開始した模様、リリースノートが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。