ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】リアーナの『アンチ』が堂々のNo.1マーク、シーアは4位に初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月28日にサプライズ・リリースされた、リアーナの8thアルバム『アンチ』が、No.1を獲得した、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 1月25日に自身のツイートでアルバムの完成をほのめかし、27日には、先行シングル「ワーク」を突如リリース、翌28日にアルバム『アンチ』をタイダルからサプライズ・リリースし、サムソンのスマートフォン・ユーザーに、無料ダウンロードをするという異例の形でのプロモーションを実施したリアーナ。結果、1日で140万ダウンロードという凄まじい記録を打ち出し、話題性には事欠かなかったのだが、29日にスタートした、iTunesでの正規販売(有料ダウンロード)に、どう影響を及ぼすのかということが、注目されていた。

 フタを開けてみると、主要各国のiTunesチャートでNo.1デビューを果たし、1週間の実売枚数は、12万枚を突破する高セールスを獲得、ストリーミング・ポイントを合算すると、累計枚数166,000枚を獲得し、2012年の7thアルバム『アンアポロジェティック』に続く、自身2作目の首位をマークした。先週、27位に初登場を果たしたのは、タイダルのストリーミング・サービス(楽曲視聴)によるもので、実売が一切ない状態で、アルバム・チャートに作品が初登場するというのは、Billboard200史上初のケースである。

 UKでは7位、オーストラリアでは5位、ニュージーランドでは6位と、各国でTOP10入りデビューを果たしている、リアーナの新作『アンチ』。アルバムからの先行シングル「ワーク」も好調で、先週の初登場9位から、今週は7位にアップし、現在プロモーション・ビデオも制作中ということで、今後もランクアップが期待される。シングル・チャートの女王と謳われるリアーナが、アルバム集計の編成に伴い、シングル・ヒットを活用して、アルバムを大ヒットさせられるか、今後のチャート・アクションにも注目したい。

 11万枚を突破し、2位にデビューしたのは、バトン・ルージュ出身のラッパー、ケヴィン・ゲイツのデビューアルバム『ISLAH』。これまで、10作以上のミックステープをリリースし、2チェインズやヤング・ジージーなど、人気ラッパーの楽曲にも参加し、その名を世に知らしめて来たケヴィン・ゲイツ。本作はフル・アルバムとして初の作品ということで、ラップ・シーンでは注目が集まっていたが、10万枚を超える大ヒットに至ったのは、昨年の大ヒット映画『ワイルド・スピード スカイミッション』のサントラ盤に参加したことで、知名度を広げたことだろう。今後の活躍にも期待したい新星のひとりだ。

 4位には、リアーナの新作『アンチ』にも参加予定だった、シーアの7thアルバム『ディス・イズ・アクティング』。「シャンデリア」(2014年)の大ヒットと共に、前作『1000 フォームズ・オブ・フィアー』が首位をマークした後のアルバムということもあり、初動枚数8万枚を突破し、自身2作目、2作連続のTOP5入りを果たした。また、UKでは3位、オーストラリアでは首位デビューに至っている。本作には、アルバム『25』(今週3位)がモンスター・ヒットを記録中のアデルや、間もなく新作がリリースされる、カニエ・ウェスト等が参加している。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、10日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

2月20日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
2月20日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
全米1位濃厚!リアーナの新作『アンチ』日本盤が2/10にリリース決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP