ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Album Review: 未来の沖縄音楽シーンを担う新星ネーネーズによる意欲作『ディッカ』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Album Review: 未来の沖縄音楽シーンを担う新星ネーネーズによる意欲作『ディッカ』

 オキナワン・ポップスにおいて、ネーネーズはとてもユニークな存在だ。民謡の大家であり、同時にコンテンポラリーな沖縄音楽を追求してきた知名定男のプロデュースにより、1990年にデビュー。沖縄における女性コーラス・グループといえば、彼女たちというくらいの存在に成長した。メンバーチェンジを行いながら昨年は結成25周年を迎え、平均年齢が20代前半という若返った新布陣でセルフ・カヴァー作『reborn』をリリースしてメジャー復帰。そして、その流れでいよいよオリジナル・アルバム『DIKKA』が発表された。

 本作には、コンテンポラリーなサウンドを取り入れた作品が充実している。のっけから、ラテンのリズムを取り入れた「HEY MAN」で始まるのはインパクトが大きい。続く「島酒の唄」では、BEGINの島袋優によるブルージーなギターが響き、ファンキーな「ちゃーびらさい」には、かりゆし58の前川真悟がラップ調のヴォーカルで新たな血を入れる。初代ネーネーズはライ・クーダーと共演するなどジャンルを超えた活動が話題になってきたが、その伝統を見事に受け継いでいるといえるだろう。エルヴィス・プレスリーのカヴァー「好きにならずにいられない」を沖縄言葉でさりげなく披露するところも、彼女たちの柔軟な姿勢をあらためて実感できる。

 また、メンバーのひとり、世持葵が2曲ソングライティングでクレジットされることにも注目したい。彼女たちはただ歌うだけでなく、クリエイティヴにも関わっていることで、大きな将来性も感じられる。若いからといって侮ってはいけない。未来の沖縄音楽シーンを彼女たちに託すのは、もはや当然といってもいい。そんなことまで考えさせてしまう意欲作なのだ。

Text: 栗本 斉

◎リリース情報
『ディッカ』
ネーネーズ
2016/01/01 RELEASE
3,240円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

楽園おんがく Vol.27: ネーネーズ インタビュー
Album Review: 『オラシオン』田中倫明 繊細で愁いのあるビートで、パーカッションのイメージを覆す
Album Review: 『ボッサ・モンク』 現役タクシー運転手のタクシー・サウダージが奏でるこれまでに無かった日本語ボサノヴァ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。