ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スギテツ、新作で聖飢魔II「蝋人形の館 ’99」と「くるみ割り人形」をマッシュアップ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スギテツ、新作で聖飢魔II「蝋人形の館 ’99」と「くるみ割り人形」をマッシュアップ

「クラシックを遊ぶ音楽実験室」をテーマに、誰もが知っているクラシックの名曲を様々な音楽や環境音とマッシュアップ(=融合)させ、作品ごとに話題をよぶ異色のクラシックデュオ、スギテツが「スギテツブラボー! 〜Kidza Musica Classica〜」を2月10日にリリースした。

「スギテツブラボー! 〜Kidza Musica Classica〜」は「世界各国の楽器とクラシックの共演!」がテーマとなっている。栗コーダーカルテットとタッグを組んで、ベートーベンのドラマティックな作品に独自の解釈を加えた「運命〜人生、山あり谷あり」を始め、ネパール民謡とブレンドしたドヴォルザーク、ウクレレえいじによるハワイアンなシューマン、カントリー風味のドビュッシーなど、意表をついた組み合わせでクラシックの名曲に新たな魅力を吹き込んでいる。現在NHK Eテレ「おんがくブラボー」のレギュラーコーナー「ブラボー音楽実験室」にも出演する彼らならではの作品となっている。

また、スペシャルトラックとして、聖飢魔II「蝋人形の館 ’99」のボーカルトラックと、チャイコフスキー「くるみ割り人形」をマッシュアップした「くるみ割り『蝋人形の館』orchestral special re-mix」は、聖飢魔IIファンも納得の仕上がりに。

このアルバムを引っ提げて、2月12日から「スギテツ大音楽会 〜TOUR2016 みんなでブラボー!〜」を開催する。コンサートでは、来場者に楽器を持参してもらい最後に来場者全員とスギテツで「線路は続くよどこまでも」を一緒に演奏する参加型の内容となっているという。

リリース情報

「スギテツブラボー! 〜Kidza Musica Classica〜」
2016年2月10日(水)発売
KICC-1257 2,778円+税
収録楽曲
01 いふうどうどう de SKA?(NHK Eテレ「おんがくブラボー」テーマ曲)
02 新説・動物の謝肉祭 〜色んな生き物で「白鳥」〜(プロローグ〜うぐいす〜猫〜犬〜馬)
03 きょうの料理 〜ビゼーに捧ぐ〜 feat. SINSKE(マリンバ)
04 遠きヒマラヤに日は落ちて feat. サワン・ジョシ(シタール)
05 津軽の市場にて feat. 浅野 祥(津軽三味線)
06 ハワイメライ feat. ウクレレえいじ(ウクレレ)
07 運命 〜人生、山あり谷あり〜 feat. 栗コーダーカルテット(リコーダー)
08 ハーモニカ吹きの休日 feat. 南 里沙(クロマチック・ハーモニカ)
09 ゴリウォーグのアコーディアナウォーク feat. かとうかなこ(クロマチック・アコーディオン)
10 ウィリアム・テルミン feat. クリテツ(テルミン) from あらかじめ決められた恋人たちへ
11 くるみ割り「蠟人形の館」 orchestral special re-mix feat. 聖飢魔II「蠟人形の館 ʼ99」
12 エピローグ 〜 チャイム協奏曲

ツアー情報
スギテツ大音楽会 〜TOUR2016 みんなでブラボー!〜
2月12日(金)高知 高知県民文化ホール グリーンホール
2月13日(土)徳島 小松島市ミリカホール
3月18日(金)名古屋 名古屋市芸術創造センター special guest:SINSKE(マリンバ)
3月19日(土)大阪 テイジンホール special guest:南里沙(クロマチックハーモニカ)
3月21日(月)東京 日経ホール special guest:栗コーダーカルテット
4月23日(土)秋田 アトリオン音楽ホール
4月24日(日)札幌 共済ホール
4月29日(金)静岡 焼津文化会館 special guest:かとうかなこ(クロマチック・アコーディオン)
5月07日(土)静岡 沼津市民文化センター
6月03日(金)富山 富山県民小劇場
6月18日(土)福岡 電気ビルみらいホール
6月25日(土)仙台 仙台市シルバーセンター
7月03日(日)滋賀 安土文芸セミナリヨ

関連リンク

スギテツofficial HPhttp://www.sugitetsu.com/top
■スギテツ キングレコード official HPhttp://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICC-1257/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。