ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空想委員会、アルバム「ダウトの行進」無料DLジャケットにメンバー直筆イラストなど追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空想委員会が2月10日にリリースするニューアルバム「ダウトの行進」の特設サイトで、無料ダウンロード出来るCDジャケットが新たに9種類公開された。

これは、CDショップ販売時にはアルバムにCDジャケットが入っておらず、CDの盤面が丸見えの「ダウトの行進」<ジャケットカスタム盤>の購入者に向けたもの。ユーザーは特設サイトから好きなジャケットをダウンロードのうえ印刷することで、自分の好みのCDを完成させることができる。

すでにイラストレーターQ氏のイラストなど5種類が公開されていたが、2月10日のアルバム発売日に合わせ、新たにメンバープロデュースのジャケット9種類が追加公開された。その中には2月9日のLINE「LIVE」生放送特番の企画で描いた各メンバー直筆のイラストジャケットなどもあり、誰でもダウンロードすることができる。

また、4月8日の大阪umeda AKASOを皮切りに、17日の名古屋ダイアモンドホール、30日の東京Zepp DiverCity TOKYOの3会場をまわるワンマンライブツアー「ダウトの行進」の、オフィシャルHP先行(抽選)受付が2月10日12:00よりスタートした。

そして、リリースに合わせオフィシャルホームページもリニューアルされた。新設された「空想の窓口」では、寄せられる事が多いという質問をまとめたQ&Aやひとりでライブに参加する時の楽しみ方、ライブ遠征のためのいろは等が記載されている。ライブにまだ参戦した事が無い人は必見だ。

「ダウトの行進」特設サイト
http://kusoiinkai.com/tokusetsu/doubt/

ワンマンライブツアー「ダウトの行進」オフィシャルHP先行(抽選)
期間:2月10日(水)12:00-2月17日(水)23:59
URL:http://eplus.jp/kuso16/(PC・携帯・スマホ)

リリース情報
アルバム「ダウトの行進」
2016年2月10日(水)発売

豪華な通常盤(CD+DVD)KIZC-353/4 3,000円+税
【透明フィルム&着せ替えカード仕様】※初回プレス分のみ
透明フィルムには主人公のイラストを印刷してあり、各楽曲をテーマにした12枚の歌詞カードを背景に、自由に組み合わせをすることができます。

ジャケットカスタム盤(期間限定、CD)KICS-93343 1,700円+税
【ジャケットカスタム仕様】
ジャケット&歌詞カードがあらかじめ付いていない代わりに、特設サイトで公開された数種類のジャケットの中から、自分が好きなものを選び印刷してジャケットを作る特別仕様です。詳細はCDトレイ下を御覧下さい。

収録内容
【CD】全12曲 
1. ミュージック
2. 春恋、覚醒
3. 物見遊山
4. 容れ物と中身
5. 純愛、故に性悪説 -album mix-
6. 不在証明
7. Silver Bullet -instrumental-
8. ワーカーズアンセム
9. 新機軸
10. 僕が雪を嫌うわけ
11. フロントマン
12. 桜色の暗転幕

【DVD】
ダウトの行進 Special Video
ミュージック Music Video
純愛、故に性悪説 Music Video
春恋、覚醒 Music Video
僕が雪を嫌うわけ Music Video
ダウトの行進 Special Videoメイキング映像
純愛、故に性悪説 Music Videoメイキング映像
春恋、覚醒 Music Videoメイキング映像
僕が雪を嫌うわけ Music Videoメイキング映像

ツアー情報
リリースワンマンツアー「ダウトの行進」
2016年4月8日(金)umeda AKASO 開場18:30 / 開演19:00
3,800円
キョードーインフォメーション(0570-200-888)

2016年4月17日(日)名古屋ダイアモンドホール 開場16:45 / 開演17:30
3,800円
サンデーフォークプロモーション(052-320-9100)

2016年4月30日(土)Zepp DiverCity TOKYO 開場16:30 / 開演17:30
3,800円
DISK GARAGE(050-5533-0888)

関連リンク

空想委員会 オフィシャルサイトhttp://kusoiinkai.com/
■空想委員会 公式LINEアカウントhttps://line.me/ti/p/%40kusoiinkai

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP