ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2/15付ビルボードジャパンチャートおよび2/1~2/7 RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫
2/15付ビルボードジャパンチャートおよび2/1~2/7 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による2月15日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年2月1日〜2月7日)および2016年2月1日〜2月7日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

ボイメン「Wanna be!」、前作に続きビルボード総合で初登場首位獲得

東海地方中心に活躍中で、前作が初登場1位を獲得し一気に注目を集めるBOYS AND MEN。先月リリースの「BOYMEN NINJA」に続いてリリースされた「Wanna be!」も、シングル・セールスで5万枚超を売上げてポイントを伸ばし、総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。他指標ではまだまだポイントを伸ばしきれていないが、今回2タイトル連続での首位獲得を機に、全国区まで知名度を拡げることとなるか今年の彼らに注目だ。

今週からダウンロードデータの取得先が増え、ジャパン・チャートに合算するダウンロード実数は国内シェアの8割以上を網羅することとなった。そのダウンロードで今週の注目は、総合18位の手嶌葵「明日への手紙」。フジ系月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』主題歌として注目を集めており、ドラマの盛り上がりとフィジカル・リリースを次週に控え、ダウンロードを急伸させている。ラジオやTwitterでもポイントが上昇傾向にあり、次週以降に一層のランクアップが予想される。

こちらもドラマの盛り上がりに合わせてロングヒット中のAKB48「365日の紙飛行機」。Mステなどのメディア露出に加え、センター山本彩の写真集『みんなの山本彩』(ヨシモトブックス)の発売も後押しして、国内動画再生回数が前週比30万増の140万回超をマークして1位に立ち、ダウンロードも引き続き好調、まだまだ上位を維持する見込みだ。

蒼井翔太「絶世スターゲイト」、Twitterの圧倒的な盛り上がりを背景にビルボードアニメチャートを制覇

新曲6曲がチャートインし、先週に引き続き新陳代謝の早い展開となった今週のアニメチャート。そんな中、今週首位となったのは蒼井翔太の「絶世スターゲイト」。蒼井自身も声優をつとめる『ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション』の主題歌でもある同曲は、CDセールスとTwitterのポイントで他の曲に大差をつけた。特に、Twitterは圧倒的なポイント差を見せつけ、発売週に向けて大きな話題となっていたことが分かる。次週以降はそこで得た話題性が他の指標に跳ね返ってくるかがロングヒットへの焦点となりそうだ。

 2位以下は、最近のアニメチャートの定番ロングヒット曲と2月3日発売の新曲が交互に並ぶ展開に。新曲勢では3位のLACCO TOWER「薄紅」(『ドラゴンボール超』エンディング)、5位の早見沙織「Installation」などが健闘。前者は特にラジオでのポイントが原動力となった。

一方、ロングヒット系では、2位 稲葉浩志「羽」、4位 秦 基博「ひまわりの約束」、6位 A応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」、8位 UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」と、最近のアニメチャートに親しんだリスナーにはお馴染みの楽曲が並ぶ。特に秦 基博、A応P、USGはの3者は、Youtubeでのポイントの上位3曲を占め、改めて長く親しまれている曲であることが分かる。

そんな中、2月10日発売のflumpool「夜は眠れるかい?」(『亜人』オープニング)が先週よりさらに順位を上げて今週7位にチャートイン。主にラジオとデジタルセールスでのポイントだが、次週CDセールスのポイントが上乗せされれば、更なる上位進出は間違いない注目の一曲だ。

「シー・ユー・アゲイン」が半年以上経て洋楽チャート1位に返り咲き!シーア、リアーナ、ニック・カーターが初登場

2015年にリリースされ、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”で9週目に渡りNo.1を記録したウィズ・カリファfeat.チャーリー・プース「シー・ユー・アゲイン」が半年以上を経て、洋楽チャート1位に返り咲いた。

2015年6月29日付の洋楽チャートで最後に首位をマークしてからも、継続的にTOP20圏内にチャートインし続けてきた「シー・ユー・アゲイン」。先週、同曲が収録されたチャーリー・プースのデビュー・アルバム『ナイン・トラック・マインド』が1月29日にリリースされたことによって、4位までチャートを上昇。iTunes週間アルバム・ランキングで1位、先週10位に初登場した“Hot Albums”総合アルバム・チャートでは、今週ワンランクだけ落し、11位にランクインと好セールスを継続しており、その結果、エアプレイ・ポイントが微量なものの、爆発的なデジタル・セールスと動画再生回数に後押しされ、遂に10週目の1位をマークすることとなった。加えて、いよいよ来週に迫った【第58回グラミー賞】で年間最優秀楽曲賞を含む3部門にノミネートされていることもあり、受賞すれば、来週1位をキープすることは大いにあり得るだろう。

今週は、TOP20圏内初登場曲が計3曲。3位には、2月3日に最新作『ディス・イズ・アクティング』をリリースしたシーアの「アライヴ」が初登場。大ジャンプアップの要因は、エアプレイ・チャートでの急進。先週30位だったのが、今週は3位へと大幅にランクを上げ、洋楽チャートではTOP3圏内に初登場した。7位に初登場したのはリアーナ「ワーク feat.ドレイク」。世界中が注目する中、同曲と最新作『アンチ』をサプライズ・リリースしたことでツイート・ポイントを積み上げ、エアプレイ・チャートでは11位に初登場した。アルバムの国内盤が本日2月10日にリリースされ、【グラミー賞】でパフォーマンスをすることもあり、来週はさらにランクを伸ばしてくることが予想される。同じく本日3rdソロ・アルバムをリリースしたニック・カーターの「変わらぬ想い Duet with Nissy(西島隆弘)」は9位に初登場。今週は、デジタル・セールスのポイントのみでのランクインとなったものの、今週プロモーション来日をしていることもあり、次週はエアプレイやツイート・ポイントが加わり、確実にランクアップするだろう。

text:yokano

2016年2月15日付 Billboard Japan Hot 100

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 1 – Wanna be! BOYS AND MEN K 20160203 1 2 59 BANG BANG BANG BIGBANG AVT 20160203 12 3 17 海の声 浦島太郎(桐谷健太) UJ 20151202 10 4 37 Sexy Young Beautiful Happiness RZN 20160203 3 5 2 SUN 星野源 V 20150527 39 6 – みれん心 氷川きよし C 20160202 1 7 5 Wherever you are ONE OK ROCK ASI 20100609 8 8 79 FANTASTIC BABY BIGBANG AVT 20120328 31 9 8 トリセツ 西野カナ SMER 20150909 25 10 1 AGEHA GENERATIONS from EXILE TRIBE RZN 20160127 5 11 6 みんながみんな英雄 AI EMI 20160105 3 12 13 未来 コブクロ WMJ 20151216 10 13 – Next is you! NEXT YOU UFW 20160203 1 14 4 世界に一つだけの花 SMAP V 20030305 5 15 11 365日の紙飛行機 AKB48 K 20151209 10 16 10 Butterfly BUMP OF CHICKEN TF 20160210 3 17 99 未来へ ナオト・インティライミ SIG 20160203 4 18 32 明日への手紙 手嶌葵 V 20160210 3 19 66 恋心 MACO VM 20160203 2 20 – 絶世スターゲイト 蒼井翔太 他 20160203 1

2016年2月15日付 Billboard Japan Hot Animation

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 タイアップ 1 – 絶世スターゲイト 蒼井翔太 他 20160203 1 TBS系「ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション」主題歌 2 2 羽 稲葉浩志 VR 20160113 5 NTV系「名探偵コナン」オープニング 3 – 薄紅 LACCO TOWER C 20160203 1 CX系「ドラゴンボール超」エンディング 4 10 ひまわりの約束 秦基博 AOJ 20141224 77 映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌 5 – Installation 早見沙織 NJ 20160203 1 (声優) 6 8 はなまるぴっぴはよいこだけ A応P SMC 20151111 13 TX系「おそ松さん」オープニング 7 12 夜は眠れるかい? flumpool ASI 20160210 4 TBS系「亜人」オープニング 8 – シュガーソングとビターステップ UNISON SQUARE GARDEN TF 20150520 36 MXTV他「血界戦線」エンディング 9 – 薄ら氷心中 林原めぐみ K 20160203 1 TBS系「昭和元禄落語心中」オープニング 10 – STRIDER’S HIGH OxT 他 20160203 1 MXTV他「プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ」オープニング 11 5 GATE II~世界を超えて~ 岸田教団&THE明星ロケッツ 他 20160127 2 MXTV他「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」オープニング 12 6 Naked Dive SCREEN mode LA 20160127 2 MXTV他「無彩限のファントム・ワールド」オープニング 13 – hopeness ZAQ LA 20160203 1 MXTV他「紅殻のパンドラ」オープニング 14 15 Speaking Mrs.GREEN APPLE EMI 20151216 8 TX系「遊☆戯☆王ARC-V」エンディング 15 16 Checkmate!? MICHI PC 20160127 2 TBS系「だがしかし」オープニング 16 7 錯覚CROSSROADS BiBi~絢瀬絵里(南條愛乃),西木野真姫(Pile),矢澤にこ(徳井青空)from μ’s~ LA 20160120 3 (声優) 17 17 fantastic dreamer Machico C 20160127 2 MXTV他「この素晴らしい世界に祝福を!」オープニング 18 4 HOW CLOSE YOU ARE 宮野真守 K 20160127 2 TBS系「亜人」エンディング 19 9 Hey!カロリーQueen 竹達彩奈 PC 20160127 2 TBS系「だがしかし」エンディング 20 – 今、話したい誰かがいる 乃木坂46 SMR 20151028 19 映画「心が叫びたがってるんだ。」主題歌

2016年2月15日付 Billboard Japan 国内洋楽

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 1 4 シー・ユー・アゲイン ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース WMJ 20150408 43 2 1 ワース・イット feat.キッド・インク フィフス・ハーモニー SMJI 20160127 5 3 – アライヴ シーア SMJI 20160203 1 4 2 ソーリー ジャスティン・ビーバー UI 20151113 15 5 3 ホワット・ドゥ・ユー・ミーン? ジャスティン・ビーバー UI 20151113 23 6 7 ワン・コール・アウェイ チャーリー・プース WMJ 20160129 4 7 – ワーク feat.ドレイク リアーナ UI 20160210 1 8 8 シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!! テイラー・スウィフト UI 20141029 76 9 – 変わらぬ想い Duet with Nissy(西島隆弘) ニック・カーター UI 20160210 1 10 5 ハロー アデル HSE 20151120 15 11 6 アイ・リアリー・ライク・ユー カーリー・レイ・ジェプセン UI 20150624 47 12 11 アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ マーク・ロンソン SMJI 20150304 53 13 18 ホールド・バック・ザ・リヴァー ジェイムス・ベイ UI 20160205 6 14 14 プリーズ・ドント・フォーゲット・ミー ポップ・エトセトラ SMJI 20160127 2 15 9 シュガー マルーン5 UI 20140903 55 16 – ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥ エリー・ゴールディング UI 20160212 10 17 – ハッピー ファレル・ウィリアムス SMJI 20140430 94 18 – アドヴェンチャー・オブ・ア・ライフタイム コールドプレイ WMJ 20151204 12 19 15 ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル ワン・ダイレクション SMJI 20120808 79 20 – 私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない テイラー・スウィフト UI 20121024 120

RADIO ON AIR DATA 2/1〜2/7 TOP5

順位 曲名 アーティスト名 1 薄紅 LACCO TOWER 2 アライヴ シーア 3 Butterfly BUMP OF CHICKEN 4 ワース・イット feat.キッド・インク フィフス・ハーモニー 5 SO RUN さかいゆう

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard-Japan.com:http://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。