ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歯並びをきれいにしたい!これから生えてくる子どもの永久歯

  • ガジェット通信を≫


美しく健康的な印象を与える、きれいな歯並び…憧れますね。

子どものうちから、矯正せずにすむようなきれいな歯並びだといいのに、と思うことがあります。

ところで、子どもの歯の生え始めから気をつけたほうがいいのはどんなことなのでしょう。今回は、永久歯が生えてくる子どもの歯並びについて、医師に話を聞きました。

永久歯は、いつ、どうやって生えるの?

乳歯は2才半~3才ごろまでに、だいたい生えそろいます。

そのあと、永久歯の中で早く生えてくる『6才臼歯』と呼ばれる第一大臼歯が乳歯列の後ろに生えます。6~7才頃には乳歯の前歯が抜け、永久歯へと次々生え変わります。

また、永久歯が生え始めるころには、あごの骨が成長します。乳歯列の歯と歯の間に隙間があいて、永久歯が生えるためのスペースが確保されるようになります。

しかし、このスペースができないと、歯並びが悪くなり、噛み合わせにも影響するようになります。

子どもの美しい歯並びのため、気をつけたいことは?

永久歯への交換がスムーズな乳歯列のために、気をつけることをご紹介します。

1.乳歯を虫歯にしない

永久歯は、反対のあごの噛み合わせに合わせて、高さが揃うようになります。

歯が生えかわるときに、そこにあった乳歯が虫歯によって早めに抜けてしまうと、歯がきれいに並びづらくなることもあります。そうならないように、永久歯に生え変わるまでに虫歯になった乳歯は早めに治療をしましょう。虫歯にしないために毎日正しい歯磨きをし、乳歯列が生え揃うまでにはフッ素塗布をしたり定期検診に通えるかかりつけの歯科医を見つけるといいですね。

2.指しゃぶりを放置しない

指しゃぶりを長く続けていると、前歯が押されて歯並びがずれたり、奥歯の噛み合せがずれたり、上のあごが狭くなったりすることがあります。乳歯が生え揃ったころには、指しゃぶりを段々減らすように工夫してみるといいです。

3.そのほかの口周りの癖をそのままにしない

爪を噛む、物を噛んで引っ張るなどの癖があると、歯が欠けたり削れてしまい、噛み合わせがズレることがあります。

また、下唇を上の歯で噛むクセがあると、下の歯並びが内側に倒れこみ、上の歯並びは広がってしまうことも。これらのクセは、永久歯になってからでも歯並びなどに影響が出るので、気をつけましょう。

4.口呼吸にさせない

口呼吸の原因は、鼻呼吸が習慣になる前に口呼吸の癖がついている、口の周囲の筋肉が弱い、またはアレルギーなどで鼻がつまりやすいなどです。

口呼吸だと食事中も唇が閉まりづらく、食べ物を飲み込むために、無意識に舌で上の歯と下の歯の間をふさぐことになります。このとき歯に圧力が加わるので、前歯が前に倒れたり、前歯の噛み合せが浅くなったりします。また、口呼吸だと口の中がいつも乾いているので、虫歯のリスクも高まります。いつも口を開けているようなら、口を閉じさせることを意識させてみるといいですね。

永久歯の歯並びのために、できること

ほかにも、食事の習慣も歯並びの形成にできることがあります。

1.バランスの良い、噛みごたえのある食事

成長期には口まわりの筋肉、あごの骨の発育を促します。また唾液も出やすい理想的な口腔環境を作ります。よく噛まなくても食べられるやわらかい食べ物や、よく噛まずに飲み物で流し込むような食べ方ではなく、奥歯でよく噛む食事をしましょう。

2.正しい姿勢

きちんと噛むためには、食べる時の姿勢が大切です。食事をする時は前を見て、背筋をのばして食事をする習慣をつけましょう。

お子さんはご家族のまねをすることで食べ方や飲み方も覚えていきます。バランスの良い食事を意識し、この機会に食習慣を見直してみてもいいかもしれませんね。

【歯科医師からのアドバイス】

歯並びは、舌や口まわりの筋肉などのバランスで保たれています。永久歯に生えかわってからも、毎日の食事の習慣や姿勢、癖などが歯並びや噛み合わせに影響します。

まずは毎日の習慣から、意識して生活するといいですね。

(監修:Doctors Me 歯科医師)

関連記事リンク(外部サイト)

乳歯が虫歯になっても永久歯には関係ないの?
3歳を過ぎたら注意!指しゃぶりが原因で歯並びは悪くなる!?
子どもの空きっ歯には意味がある!早めのチェックで歯並びを綺麗に。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP