ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【茨城】有名人も御用達!目の前の「涸沼」でとれた新鮮魚介に舌鼓

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

昼食は、茨城町の涸沼(ひぬま)が目の前に広がる広浦屋さん。

涸沼でとれた新鮮な旬の素材を使用したお料理がいただけます。

窓の外には涸沼が広がっていてロケーションもバッチリ!! 最初テーブルの上に乗っていたのはこちら。

お刺身は鮪とタコ。そして涸沼でとれた白魚と鯉。実は鯉苦手でした・・・。独特の臭みがどうもダメで・・・。でも、ここの鯉のあらいは食べられましたよ!! 全然臭みがないんです。さらに鰤の照り焼き。写真じゃ伝わらないかもしれませんが、大きいです! 分厚いです!! これだけでもお昼ご飯としては十分な量です。しかし、その後出るわ出るわ。

お母さんの肉じゃが。甘めの味付けが好み。

白魚の天ぷら。塩でいただくのでサクサク感がたまりません!!

こちらも涸沼でとれたワカサギの天ぷら。こちらは甘めのタレがかかっています。

そして鰻丼!! もちろん涸沼でとれた天然もの!! やわらかい~~~~!!

涸沼産のシジミは大きくてアサリのようです。ボリューム満点でお腹いっぱいなんだけど、おいしくて全部食べちゃいました。

デザートは、いばらキッス。茨城県オリジナル品種のいばらキッスは、甘味と酸味のバランスが絶妙!! 茨城の「おいしい」を満喫したお昼ご飯でした!!

こちらのお店は完全予約制のようで、予算を言うとおまかせでお料理を用意してくださるそうです。今回は2,000円か2,500円とのこと。いつもこんな感じだそうです。飲み放題つきのコースも5,000円から用意できるとのこと。店内には有名人のサインや写真もいっぱい!!

[寄稿者:さとちん]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/satochin/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP