ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リクオ、2年振りのスタジオ・アルバムを自身のレーベルよりリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本全国を駆け巡るローリング・ピアノマン、リクオが、2年ぶりのスタジオ・アルバム『Hello!』を、4月14日(木)にリリースする。

同作は、リクオが設立したレーベル「Hello Records」よりリリース。さまざまなオマージュをちりばめたアナログ・レコーディングによる10曲が収録される。

ーーーーーーーーーーーーーーー
今回のアルバム『Hello』で、リクオがまず目指したのは、間口の広いポップスを作ることだった。世代やジャンルを超えて多くの人達に音楽が届くように、アルバム全体をポップでオープンな空気で包むことを心がけたという。

そして、音がきれいに制御されがちなデジタル・レコーディングから、24トラックのアナログ・レコーディングに途中で切り替えている。その結果、ミュージシャンの表情、ライヴ感、演奏の奥行きが伝わる素晴らしいサウンドに仕上がった。

僕らはいつでもまた始めることができる。

リクオの2年振りとなるスタジオ・アルバム『Hello!』が語りかけてくるのは、そんな「再生」の物語。

ライナーノーツより(文 : 宮井 章裕)
ーーーーーーーーーーーーーーー

リクオ流ポップス再解釈で奏でる希望と再生のストーリーを期待しておこう。(西澤裕郎)

■商品情報
リクオ / HELLO!
発売日 : 2016年4月14日
価格 : CD 2800円+税
品番 : HR-001
JANコード : 4589479330017

収録曲 :
1. 僕らのパレード
2. 永遠のダウンタウン・ボーイ
3. 2人のハロー・ライフ
4. ずっと好きな人
5. プレミアム・ラグ
6. 大阪ビター・スイート
7. あれから
8. 恋の行方
9. アイノカタチ
10. LOOK BACK!!

レコーディング参加ミュージシャン :
椎野恭一(drums)、寺岡信芳(bass)、宮下広輔(pedal steel)、橋本歩(cello)、阿部美緒(violin)、小林創(organ)、真城めぐみ(chorus)、佐藤克彦(acoustic guitar)、梅津和時(sax)

・リクオ Official HP
http://www.rikuo.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP